転職したいと思ったら

30代,40代,50代の転職活動はとにかく応募数を増やすこと

更新日:

 まさ  (47才)
A社とB社に応募しよっと、C社はやめとくか・・・
なんで応募をやめとくの?理由ははっきりしてる?
にゃんこ 先生

30代,40代,50代の中高年の転職は、まず書類審査を突破するっていう大きな大きな壁が存在します。

この壁さえ乗り越えてしまえば、面接でがんばるだけなんですが、どうしても年齢がネックになってしまいます。

この壁を乗り越える方法はただ一つなんです。

それは、より多くの企業へ応募するってことです!

 

30代,40代,50代は応募数を増やすことが重要

言うまでもなく、年代が上がるにつれ、書類突破の確率は下がっていきます。

自分の経験では、1回目の転職時(39歳)は、10社応募して4社くらいの書類突破率で、2回目(47歳)は10社応募して2社くらいの書類突破率でした。厳しかったですよ。

突破しても面接で、不採用になる可能性もありますし、話を聞いてみたら辞退したくなる場合もあるものです。

自分が望む条件の仕事につくためには、とにかく応募数を増やして面接の機会を増やすしかありません。

それこそが内定への一番の近道なんです。

効率的に応募数を増やす方法

まずは求人情報を見る機会を増やしましょう。

転職サイトで検索したり、エージェントから紹介を受けるなど、様々な方法があります。

しかし、中高年の場合は、有効な求人情報を入手する方法は限られてくると考えています。

実際に自分が経験したんですが、誰でも(20代でも)応募できそうな転職サイトから応募しても、書類突破するのは非常に難しかったです。応募条件に年齢制限が明記されていなくても、そういった求人はもともと中高年は相手にしていないわけです。自分は何社も転職サイト(20代でもオッケーな)から応募してみましたが、すべて落選してしまいました。

応募数を増やすことは重要なので、やっても意味がないとはいいませんが、中高年も範囲内なのかを見極めて応募したほうが効率的ではあります。

おすすめは、中高年向けの転職サイトに登録し、新着求人があればメールでお知らせしてもらえるサービスを利用しながら応募を増やしたり、中高年でも大丈夫な求人を持っているエージェントを活用することが、効率的に有効な応募数を増やす方法だと思います。

具体的な転職サイトやエージェントは別の記事で詳細をご説明しますね。

 

まとめ

30代,40代,50代の中高年の再就職は、とにかく有効な応募数を増やすことです。

中高年向け転職サイトやエージェントを活用し、毎日、求人に目を通す仕組みを早めに作っておきましょうね。

-転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.