内定までもう一歩

上司に転職先が決まっていることを報告するべき?

投稿日:

空白期間をつくらずに転職を成功させるためには、現職の企業でしっかりと勤務をしながら、水面下で転職活動をすすめることが必要です。

 あつし (38才)
こっそりやらないとね
会社に迷惑をかけないようにね
にゃんこ 先生

とんとん拍子に事が進んでいって、上司に辞めたいと話をする前に転職先が決まってしまうこともあるでしょう。

そんな時、どう振舞ったらよいかについて考えてみます。

へたをすると、円満退職ができなくなってしまい、転職後にも影響が出てしまいかねませんよ。

 

転職先が決まっていることを話すべき?

会社の上司に既に転職先が決まっていることを話すべきか?

 あつし (38才)
信頼できる上司ならいいんじゃないかな
うーん・・・
にゃんこ先生

退職の意向を最初に説明するのは、直属の上司となるはずです。

その上司と仲が悪くて転職するならば、話す気にもならないことと思いますが、すごく信頼していた上司の場合は、正直に話したほうがいいかと思うかもしれません。

 あつし (38才)
お世話になった人に隠し事したくないしね。

結論から話をすると、どんなに信頼できる上司であっても、転職先が既に決まっていることを話すべきではありません。

どんなに優秀で信頼できる人間でも、"プライベートの顔"と"会社の顔"と2つの立場があるものです。

責任感が強い良い人物ほど、会社への忠誠心も高いことでしょうから、知ったことを黙っておけないという可能性もでてきます。

たとえ信頼できる上司であっても、ぐっとこらえて事前に転職先が決まっていることは伏せておくべきです。

 

まとめ

上司に退職の意向を話した時点で、上司は現職で働きながら転職活動をしていることは百も承知です。

でもお互いに、そのことに関しては触れないでおくことがエチケットといものです。
自分に退職したいと話す前に、転職先が決まっていたら、誰だって腹が立つものです。

上司に、転職活動してるのか?と聞かれたら、「していません。退職したら転職活動します。」とキッパリ伝えましょう。

退職が決まり、まだ在籍している間も、転職先が決まっていることを告白するのはやめましょうね。

“転職先が決まった事を話すのは退職後”ということをしっかりと認識しておきましょう。

-内定までもう一歩

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.