30代の転職 40代の転職 50代の転職 未分類 転職したいと思ったら

中高年の転職で契約社員になったらどうなる?

投稿日:

中高年で転職を考えるとき、これまでのキャリアを活かした転職をすることがベストですよね。

給料や、その他の待遇面を考えれば当然の選択肢となります。

でも、自分の経験からも45才を超えてくると、正社員での転職のハードルがぐっと上がってくるため、正社員以外の求人も考慮しなければいけない場面も出てくるかもしれません。

そんな時、正社員ではなく”契約社員”で魅力的な求人があった場合にどうするべきか?

結構、悩んでいる方もいるんじゃないでしょうか。

自分は転職希望者として全く同じ経験がありますし、また、今は契約社員の方を面接することもたびたびあります。

契約社員になるべきか、あくまでも正社員を目指すほうがいいのか、考えてみたいと思います。

 

契約社員の内定をもらった経験

 まさ  (47才)
まぼすけは、契約社員なの?

先ほど全く同じ経験があると書きましたが、契約社員になったことは一度もありません。

ただし、2回目の転職活動時(47才)に契約社員で内定をもらって契約直前までいったことがあるんです。

 まさ  (47才)
なんで契約社員にならなかったの?

どうして転職を決意しなかったかというと、やっぱり不安だったからです。

その企業は、上場企業で名前が通っている有名な企業です。

また、待遇も良くって、給与は現在の1.5倍以上になるのが想定されていました。

さらに、最初の2年は契約社員でも、ほとんどがその後に正社員登用されているとのことでした。

 まさ  (47才)
だったら心配ないんじゃないの?

たしかに心配しすぎだったのかもしれませんが、その時、家庭の事業から数年間は安定して現在の収入が必要なタイミングだったんです。

万が一、正社員になれなかったら、また転職活動をしなければいけないし、その時点で50歳手前となっているわけです。

一回目の転職時みたいに、仕事を辞めてしまっていたわけではありませんでしたので、自分なりに冷静に判断して内定を辞退させていただきました。

自分はこの判断をしてよかったと思っています。

 

契約社員のメリット

 まさ  (47才)
契約社員になるのは、やっぱりまずいのかな? メリットはないの?

働き方によっては契約社員にもメリットはあります。

たとえば、副業が認められていることです。

何か目指している目標がある方や、家業を手伝いながら仕事がしたい方には都合のよい雇用形態だと思います。

また、有給休暇を取得できることも大きなメリットではないでしょうか。

 

契約社員のデメリット

 まさ  (47才)
じゃあ、デメリットは?

やはり雇用期間に定めがありますから、契約満了時に退職しなければならないことです。

正社員登用も期待できるかもしれませんが、相当な努力と実績が必要となるはずです。

また、契約社員はどうしても正社員に比べて、残念ながら低めの評価をされるものだと思います。

その代わり雇用時は、正社員よりも気軽に雇用しやすいものです。

将来は出世してマネージャー職について・・・、と考えている方は契約社員では難しくなると思います。

 

 

契約社員になるかの判断

契約社員になるべきかどうかについては、生活設計に関わってくると思います。

自分は万が一、正社員になれなかった場合に50歳手前となっていて、そこで転職活動を避けたかったことと、少しでも収入が途絶えると家族が生活できないことを考慮しました。

この判断がなぜ正しいと考えているかというと、現在は契約社員の方を面接する機会が多くあることによります。

彼らの履歴書を拝見すると、みなさん同じような傾向にあります。

それは、契約社員を繰り返すということです。

40代以上で契約社員の方の経歴書を拝見すると、新卒から30代後半までは正社員なんですが、一旦、契約社員になると、以降は契約切れにより退職し、また、別の会社の契約社員となるというパターンが多いんです。

当然ながら誰だって正社員を目指していると想像しますが、なかなか正社員になれないんだなと実感します。

話を戻しますが、これは生活設計に関わってくることです。

別に契約社員が悪いわけではありません。

自分が内定をもらったお仕事は、給料も良かったし、福利厚生も正社員と全く変わりがありませんでした。

自分の思い通りにいかなくて、正社員になれず契約切れで退職となり、収入が途絶える可能性があってもいいならば、契約社員でも問題ないと思います。

契約社員は期間契約です。

あなたがどれだけがんばっても、期間が満了したら退職しなければいけません。

会社の判断一つです。

契約社員になるかの判断は、期間満了時に退職することを前提に考えることができるかだと思います。

 

まとめ

このサイトで再三お話ししてますが、転職先が見つかっていないのに、仕事を辞めてしまってはいけません。

すでに辞めてしまっていて、背に腹は代えられぬ状態ならば、契約社員に飛びついても致し方ないかもしれませんが、仕事をしながら転職活動をしているならば、とにかく冷静な判断をしましょうね。

極論すると、中高年で契約社員になるなら、その後も、ずっと契約社員を繰り返す可能性が高いことを覚悟する必要があります。

でも、働き方や環境によってメリットが出ることもありますから、その後の生活設計をしっかりと見つめなおして、契約社員になることのリスクを把握しておくことが重要です。

-30代の転職, 40代の転職, 50代の転職, 未分類, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.