50代の転職 転職したいと思ったら

50代の転職で失敗する人の"残念な特徴"

投稿日:

このサイトは中高年の転職を応援していますが、一番転職活動で苦労の可能性があるのが、50代です。

やはり年齢の壁は現実として存在していますので、それを認めつつ頑張っていかないといけません。
でも決して50代は転職できないというわけではありませんので、あまり心配しすぎないでくださいね。

さて今回は、50代が転職活動において内定をもらうポイントではなく、入社後に「転職してよかった」と思うための心がけや注意点をお伝えするとともに、50代で転職したが、また転職してしまう人、要するに「転職に失敗」する人の特長をお伝えしたいと思います。

 

50代で転職に失敗する人の特徴

何度か他の記事でお話ししていますが、自分はIT系の人材営業もしています。
たくさんの50代の方を採用してきましたが、すぐに辞めることになったりと「失敗だった」と感じる方々がいらっしゃいます。

そういった方々は、とっても残念な特徴があるんです。

 

プライドが高い

プライドはないといけないので、プライドが高すぎると言ったほうがいいかもしれません。
残念ながら50代の転職は、かなりのスキルや能力を持った人はマネージャー職につけるからいいんですが、そうじゃない場合は自分より年下の人が上司になることが多くなります。

また、同僚も年下ですから、仕事を教わるのも年下からとなります。
もしかしたら、自分の子供のような年齢の同僚にです。

プライドが高すぎると、年下の上司や同僚に指示や、時には叱られるようなことが日常となると、大きなストレスとなってしまいます。

そして、その人たちをキライになり人間関係が悪化し自滅、というパターンをよく目の当たりにします。

 

柔軟性がない

50代ですから、キャリアは当然ながらあります。
そのキャリアに自負もありますから、違うやり方に違和感を強く感じてしまう方がいらっしゃいます。
要するに柔軟性がないんですね

「郷に入れば郷に従え」が大切です。

 

メモを取らない

年代が上がるにつれ、メモを取らない人が増えてくる気がします。

「そんな事知ってるから」的な感覚があるのかもしれません。
そういう人に限ってミスが多かったりするものです。

仕事の基本であり、マナーとしても、メモは取る習慣はいくつになっても大切です。

 

女性に嫌われる

苦労してせっかく転職できたのに、急に「辞めたい」と言ってくる50代の男性。
仕事ぶりはそつなくこなしているように見えていたが、理由を聞いてみると、人間関係のようでした。

周辺にも聞いてみるとどうやら「女性陣」に嫌われているようなんです。
それも生理的にのようなんです。

自分もアラフィフなんで、とっても悲しい話なんですが、現実的によくある話です。

・体臭
・頻繁に鼻をかむ
・独り言がうるさい
などなど

仕方ないことばかりですよね!
自分もそういう所はありますから、書いてて悲しくなりますね。

人間の生理的な部分は変えられないものですから対策は難しいですが、清潔にする、マスクをするなど、エチケットとして周りを意識する心がけが必要ですね。

 

まとめ

偉そうに書いてますが、自分だって見方によっては当てはまる事だらけです。

新しい職場では、キャリアやスキルを活かす事は重要ですが、つまらないプライドは捨てて、新しい職場では新人という事を認識して挑む姿勢も大切です。

-50代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.