50代の転職 転職したいと思ったら

【50代の転職】成功へのポイント&注意点と未経験への挑戦

更新日:

50代になって転職を考えているということは、とっても大変な状況があなたに降りかかってきたんでしょうね。

まだまだ家族を養っていかないといけない年代ですし、元気を出してがんばっていきましょうね!

 ひで  (51才)
転職できるのかな・・・、眠れないよ。
元気出して!!! 大丈夫だよ!
にゃんこ 先生

このサイトは中高年の転職について書かせていただいてますが、やっぱり50代の転職については、正直なところ「楽勝だよ」とはいいづらいです。

だけど、「無理」とも思っていません。

ちなみに自分はもうすぐ50代になります。

 ひで  (51才)
だったら偉そうなこと言えないよね。

偉そうなことは確かに言えませんが、実感として50代は転職できないなんて全く思っていないんです。

各転職サイトさんにも申し訳ないんですが、おすすめの転職サイトは解約せず登録したままです。

今でも40代後半のころと変わらず、たくさんのスカウトメールをもらいますし、面接確定メールだって送られてきます。

これは、しっかりとおすすめの転職サイトへ自己PRできる内容を入力してあるからだと信じています。要はやり方次第の部分が大きいんです。

だから実感として転職できるって信じてますし、自分の先輩たちも50代で転職した方々をたくさん見てきました。

ただし、30代や40代とは考え方を少しだけ変えて転職活動をすすめる必要があると思いますので、そのあたりを確認しておきましょう。

 

50代で転職を考えるときの注意点とポイント

自分から辞めない

まずは、50代に限らず大切な事ですが、とにかく仕事が嫌になってもクビになっていないのなら、早まって自分から退職してしまわないことです。

 ひで  (51才)
そうだよね。かっこ悪くたってしがみつくよ。

中高年になってから転職活動をまだしたことが無い方は分からないかもしれませんが、若いときに比べるとやっぱり”いばらの道”だと言わざるを得ません。(あくまでも若いときに比べるとですよ、転職は必ずできますから前向きにいきましょう。)

何社も何社も書類応募しても、なかなか書類突破しないことでしょう。

内定をもらうまで時間もかかるし、相当な労力もかかります。

でも、それが普通なんだよ。
にゃんこ 先生

だから、今の仕事が嫌になっても、ひとまず我慢です。

働きながら水面下でこっそりと転職活動をすすめましょう。

もがいているうちに、転職活動がスムーズに進むかもしれませんし、今嫌だと思っている問題も解決して、転職したくなくなるかもしれないですよ。

 

50代だからこそキャリアを活かそう -外資系を狙う-

 ひで  (51才)
とにかく早く転職したいんだよね。
じゃあ、まずはどうせなら年収アップを狙ってみよう。
にゃんこ 先生

とはいえ、事情により一刻も早く転職したいなら、まずは外資系への転職を狙ってみる事をおすすめします。

外資系は年収もアップする可能性も高いですし、日系企業より更に優秀な即戦力を求めています。

そして何より、能力が高ければ年齢は関係ない文化の企業が多いです。

50代だからこそ、キャリアを活かしてより即戦力だということをアピールできる可能性があります。

結果が全てという厳しい環境に身を置くことになるかもしれませんが、50代の転職を効率的に進めるなら、まずは外資系を検討してみたらどうでしょうか。

にゃんこ 先生
外資系に強い転職エージェントには必ず登録しておこうね。

 

マネジメント経験で未経験の業種を狙う

外資系への転職を視野に入れるのと同時に、これまでのキャリアを活かせる同じ業態・業種への転職を当然ながら考えていくことになります。これにより、年収のキープ可能になってきますよね。

しかし、50代の転職はなかなか順調には進んでいかないかもしれません。

もし、あなたがマネジメントの経験があるならば、未経験の業種への転職も可能性が出てくると思います。

例えば、これまで弁当チェーンのFC店を統括管理してきた方が、大手塾チェーンのFC店を管理する仕事に転職したり、様々な雇用形態の方々が働く飲食店の店長だった人が、新しくできるアミューズメント施設の管理職に転職するなど、これまでのマネジメントのキャリアは、きっと未経験の業種でも評価されるに違いありません。

これまでの職種のスキルを活かすのではなく、「マネジメント経験を活かす」観点で転職先を考えてみる事もおすすめします。

 

小っちゃいプライドは捨ててしまおう!

 ひで  (51才)
ずっと総務部で働いてきたし、警備とか清掃とかは考えられないよ
気持ちはわかるけど、どんな仕事だって人の役に立ってるんだよ!
にゃんこ 先生

一貫して自分としてはクリエイティブな仕事をしてきたと自負している人は、警備などの体を使った仕事はプライドが許さないと思っているかもしれません。

もちろん目指すところは、これまで通りの同業種を目指すべきです。

でも、50代の転職は苦戦は覚悟の上、戦っていく必要があります。

思い通り進んでいなかったら、思い切って一旦、自分の小っちゃなプライドは捨ててしまいましょう!

自分がやってきた仕事にプライドがあることは素晴らしいですが、どんな仕事だって尊いものです。

必ずその仕事で誰かが助けられています。

50代の転職は、それまでの人生や仕事への考え方をフラットにして、人のためや社会のためという観点からも転職先を考えることも重要だと思っています。

 

50代の求人と業種

 ひで  (51才)
50代でも書類突破できる仕事ってどんなだろうな?
転職エージェントに登録すれば、きっと紹介してもらえるよ!
にゃんこ 先生

50代でも受け入れている業界や職種は複数あります。

先ほども書きましたが、自分にもまだスカウトメールがたくさん来るんですよ。そのあたりの情報も込めてお伝えしますね。

 

不動産業界の営業

いまだに頻繁にスカウトメールをいただきます。(転職する気が無いのに申し訳ありません)

土地活用を提案する営業職の求人が多いですね。

お客様は若い人はほとんどいないでしょうね。年齢的に近いほうが親身になって話を聞けるところから、年齢や業種に関係なく営業経験者なら採用しているようです。

厳しい業界だとは思いますが、同年代の同僚も多くなるはずです。

まずは、応募して話だけでも聞きにいってみたらどうでしょうか。

このほか、住宅関連だとシロアリ駆除などハウスメンテナンスの営業職も50代も積極的に受け入れていますよ。

 

介護施設の職員

実際に老人を介護する仕事ではありません。介護施設の管理や相談員として働く仕事です。

個人的には非常に人の役に立つ素晴らしい仕事だと思っています。

 ひで  (51才)
そういえば、まぼすけも助けられたって言ってたね。

相談にくるご家族は、自分の親を施設に入れたいと思っている年齢ですから、やはり50代ぐらいが多いはずです。

不動産の営業と同様に、お客様との共感性が中高年の有利点となるはずです。

自分も親の施設探しの際に、非常に親身になってくれて、感激した思い出があります。

次の仕事は、人を助ける仕事も選択肢に入れてみたらいかがでしょうか。

 

小売店、外食チェーン

大手量販も含めた小売業界の新規オープン時は、一度に数十人~数百人を募集する場合があります。

店頭での販売職かもしれませんが、接客が好きな方なら検討の余地はあるかと思いますよ。

また、マクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンは、年齢の制限をしていません。

これら大手外食チェーンはワークバランスもしっかりとしていますし、大手ですから経営も安定しています。

快活に体を動かし、安心して働ける転職先として検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

繰り返しですが、今の会社を転職先が決まるまでは辞めてはいけません。

 ひで  (51才)
歯を食いしばってがんばるよ!

休みの日は趣味に没頭したり、上手に気分転換をはかりながら、転職活動をすすめていくことが大切です。

30代、40代の転職と少しだけ気持ちを変えるべき部分は、50代の転職活動はスムーズにいくはずはないと最初から覚悟して、小さなプライドは捨てて、明るく気長に活動していけると、きっと道は開けてくるはずです。

にゃんこ 先生
大切なことは一人で転職活動をしないこと。必ずプロの転職エージェントを活用しよう。

 

-50代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.