40代の転職 転職したいと思ったら

45才は転職を成功させたい人の節目です

更新日:

40代になると正直なところ求人はやっぱり減ってきます。そして、45才を超えると更に転職の壁は高くなると思っています。

自分は、38才と48才の時に転職しましたが、一度目の転職後、会社の経営が悪化したため、2回目の転職をするべく、44才くらいのときに一旦転職活動をしたんです。内定をもらった企業もあったんですが、少し経営も改善してきたため辞退して転職しなかったことがありました。

そして、2回目の転職をすることになった47才の時の転職活動は非常に苦労しました。(転職したのは48才です)

44才と47才では、書類選考の突破率や面接後に内定がでる確率が大きく差があったんです。

年代ごとにそれぞれ節目はあるんでしょうが、40代は45才が一つの節目なんだなと実感したものです。もうすぐ45才で転職しようと思っている方は参考にしてくださいね。

 

転職を成功させる目安は45才かも

 まさ  (47才)
もう超えちゃった・・・

さきほども書きましたが、44才までと、47才の時では、書類審査の突破率が大きく違ったんです。

感覚的には、半分以下の突破率になってしまいました。

45才を超えると四捨五入して50才ですね。

自分は採用側の仕事もしてますが、なんとなく45才を超えると50才が近いイメージになってしまい、やはり書類審査で他の応募者と比較すると面接には呼べなくなってしまうんですよね。

44才と45才。

たった1才しか違いませんが、企業側のイメージは意外と大きく違ってくると認識することが大切です。

もし、あなたが転職を決意して今が44才ならば、早めに転職活動を進めることをおすすめします。

 

45才で未経験の職種に転職できるか?

44才と45才の差は意外と大きいとお伝えしましたが、極端な見方をすると、44才までは”新しいことに挑戦できる年齢”であり、45才以降は”新しいことを吸収しづらい年齢”ということになります。

転職活動をする中で、新しいことにチャレンジしたくなったら、自分の年齢が44才以下なのか、オーバーしているのかを一つの目安にしてみたらいかがでしょうか。

44才までならば、大きなくくりとして企業は30代後半と同じイメージと捉えてくれるかもしれませんので、未経験の職種であっても転職できる可能性があります。

 

まとめ

一昔前は「35歳が転職限界」という説が一般的でした。

今は違います。

自分の中では45才が転職をスムーズにすすめることができる節目だと考えています。

勘違いしていけないことは、45才を超えたら転職できない?のかということです。

決してそんなことはありません。

44才まではスムーズにできるのであって、45才を超えても必ずやり方次第で転職は可能です。

にゃんこ 先生
転職エージェントを最大限活用すれば年齢は関係ないよ。ピンポイントの非公開求人を紹介してもらおう!

-40代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.