40代の転職 転職したいと思ったら

40代の転職で”失敗しない”ためのポイント

投稿日:

みなさんこんにちは。

転職活動がんばってますか?

必ず現職を続けながら水面下で進めてくださいね。

絶対に「辞めてから決めよ」ってのはタブーですからね。

さて、オリンピック好景気が今なお続いていて、人手不足であり、かなりの売り手市場です。

仕事を選ばなければ、40代以上でも比較的簡単に転職できると思います。
(このサイトを見てくださる方々は、そういう転職ではないはずですが)

でも、安易な転職はもちろん良くありません。

特に40代以上の転職はとにかく慎重に検討することが重要です。

今回は40代が転職を失敗しないためのポイントについて考えてみます。

 

”給与アップ”だけの理由は危険

自分は営業職ですが、自分の経験では40代になると求人紹介される職種は、不動産関連や住宅関連が多くなります。

これらは非常に給与が高いんですよね。
そして歩合制の割合が大きくなります。

また、外資系企業を転職エージェントから紹介されるケースが多くなります。
これは、外資系は年齢を比較的気にしないという理由からもあります。

外資系はご存知のとおり、給与は高めです。
しかし、こちらも歩合の割合が大きく、そして、結果が出なければサヨナラというのも事実と聞きます。

40代になると、子供への学費が一番かかるタイミングなどが重なり、お金が必要な時期だと思います。

でも、給与だけで仕事を選んでは絶対にいけません。

給与が高いということは、それだけ仕事はキツイと思って間違いないでしょう。

給与に見合った結果を達成できる自信があれば結構ですが、やってみないと分からないという感じなら、その企業へ転職するのは辞めた方がいいと思います。

給与が高い仕事は、ミッションや目標が達成できないと、会社にいられなくなると理解しておくべきです。

 

同僚や上司の年齢の確認

転職する際は職場環境を知っておくことをおすすめしています。

特に同僚や上司の年齢がポイントだと思います。

40代ですからおそらく年下の方が多いはずです。

それは承知の上ですよね。

非常に重要なのは上司の年齢がどれくらいなのかがポイントだと思います。

課長クラスならきっとあなたより年下の可能性が高いと思います。

それは仕方ありません。

部長はどうでしょうか?

もし自分より年下でも、あまりに開きがあるのはおすすめできません。

できれば2~3才ぐらいの差で同世代に収まるようにしたほうが良いと思います。

同じ世代じゃないと仕事上で良い関係を構築するハードルが高くなってしまうと思います。

 

キャリアアップできるか

40代で転職すると、残りのサラリーマン人生は20年を切ってくるでしょう。

転職する企業で定年退職までのイメージをわくでしょうか。

定年退職まではいかなくても、3~5年先のイメージはわくべきです。

入社後、具体的に〇〇にて実績を上げて、数年後に役職がついて、部下もできて・・・
となるべく具体的なキャリアアップのイメージがわくことが重要です。

40代以降の転職は即戦力が当たり前です。

ならば、「入社してみないと分からない」ではダメです。

即戦力なわけですから、入社前から少なくとも数年先までの活躍イメージは鮮明に浮かばないといけません。

 

まとめ

40代の転職で失敗して1~2年で退職してしまうと、キャリアに傷がつきかねません。

万が一の次の転職の為にも、確実に3~5年は続ける覚悟が必要です。

40代の転職は、給与だけにこだわらず、キャリアップできる環境で働くことが、失敗しない転職のポイントだと思います。

-40代の転職, 転職したいと思ったら
-,

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.