40代の転職 転職したいと思ったら

【40代の転職】リストラは理由を知り、前向きに捉える

投稿日:

40代でリストラにあってしまった方の気持ちって非常に良くわかるんですよね。

自分はリストラされた経験はありませんが、一回目の転職時(30代後半)は会社でリストラが横行していたんです。

自分が親しくしていた先輩2名(40代)がリストラになってしまって、非常に苦しんでいたことを目の当たりにしました。

一人の先輩は3か月くらいで再就職が決まりましたが、もう一人は1年くらい再就職まで時間がかかりましたが、今は2人とも元気に働いています。

もし、40代でリストラにあってしまったら、どのように転職活動というか再就職活動を進めていくべきかを、自分の先輩方を参考に考えていきたいと思います。

 

40代はリストラされた理由をよく考えてみる

ちょっと初めから厳しい意見になってしまいますが、リストラされた原因を真剣に考えてみたことありますか?

 まさ  (47才)
考えたくないよね・・・
そこをこらえて考えてみる事が大切だよ。
にゃんこ 先生

自分の2名の先輩を例にあげると、会社にとってはその先輩の将来性が見えなくなっている、あるいは、現状の仕事が明らかにはかどっていないというのが、誰からも分かってしまうような状況だったんです。そして、そんな状況がずっと長く続いていたことを覚えています。

先輩2名はそんな状況でも改善をしようとしてこなかったんですよね。現状に甘んじてしまっていました。

お伝えしたかったことは、こういう感覚だと再就職できて違う会社に転職したとしても、また同じ結末になりかねないということです。

リストラにあってしまったことはとても辛いことだと理解しますが、まずは自分の仕事について見つめなおす時間をとることが、40代はまだ先があるからこそ大切な事と思っています。

 

40代のリストラは転職チャンスと前向きに考えてみる

40代でリストラされてしまったら理由を考える必要があるとお伝えしました。

理由が明確でそれを改善できるならば、同じ職業に再就職してもがんばり次第で次の転職先で活躍できるかもしれません。

でももし、「なんかやる気がでなかったんだよな」とか「人間関係で悩んでしまって」などの理由の場合は、もしかしたらこれまでやってきた職種はあなたに向いていなかったのかもしれませんよね。

要するに向いていないから仕事に熱中できていなかったのかもしれません。

リストラされたことはツライ出来事だと思いますが、40代ならば向いていなかった仕事から解放されて、本当に一生をかけることができる仕事へ転職できるチャンスと捉えてもいいと考えていきましょう。

にゃんこ 先生
40代はまだまだいけるよ!

 

40代のリストラはプライドは捨てたほうがいい場合もある

まずはチャンスと考えて自分のキャリアを活かして、さらにスキルアップを目指す転職先を考えてみましょう。

年齢をあまり気にしない外資系を狙ってみることをおすすめします。

やり方によっては大きく年収アップも実現できるので、リストラされた理由がはっきりしていて、それを改善できる方は、チャレンジしてみたらいかがでしょうか。

にゃんこ 先生
外資系を狙うならJACリクルーメントが非公開求人をたくさん持ってるよ

一方、リストラされた理由がはっきりしないとか、自分に向いてなかったと感じている人は、未経験でも歓迎の仕事を考えてみることも大切です。

これまで一貫してやってきた職種だから変わりたくないみたいな、小さなプライドは捨ててしまいましょう。向いてなかったからリストラになってしまった可能性があるんですから。

40代なら、まだ将来を見据えた仕事を検討するべきです。

例えば、社会の需要もある介護関連の仕事など、成長産業で自分も成長していける仕事って様々あるものですよ。

 

まとめ

厳しい言い方で申し訳ありませんが、40代でリストラされてしまうということは企業から”この仕事は向いてませんよ”って言われていることなのかもしれません。

でも、40代はまだまだ若いです。必ず転職先は見つかります。

だからこそ、本当に自分に向いている、あるいは、人生をかけてもいいと思える仕事を探すことができるチャンスだと考え、前向きに転職活動を進めていきましょう。

にゃんこ 先生
元気出して前向きに、ホントにやりたい仕事を探そうね!

-40代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.