面接対策

面接後に必ずやるべきこと

更新日:

面接を受けた後は、緊張から解放されてリラックスしたいですよね。

だけど、面接後は必ずやるべきことがあるんです。

それは、内定へ向けて自分の面接力をアップさせるために、非常に重要なことです。

1回目の面接より2回目、3回目と面接に強くなっていくために、是非とも実践してもらいたいことがあります。

面接のあとは振り返りの時間を作る

 まさ  (47才)
面接が終わったら解放されてパーッと飲みに行くんだよ!
飲みに行くのもいいけど、その前に面接を最初から振り返ることが大切!
にゃんこ 先生

面接が終わると緊張から解放されてリラックスしたいことと思います。

でも、面接直後にやっておくべきことがあるんです。

それは、「一人反省会」です。

面接がスタートしてから、面接官からどんなことを聞かれたか、そしてどう答えたか。その回答に面接官の反応はどうだったのか・・・

できるだけ細かくノートにメモしておくことをおすすめします。

きっと、この回答はちょっとまずかったかなとか、この回答をしたときに面接官は微妙な反応だったなとか、反省点や不安点があったはずです。それを記録しておきましょう。

これは、自分の面接力のスキルアップにつながります。

この一人反省会をしっかり行うことで、自分が良くなかったと感じたことに関しては、次回の面接時には改善された回答をするように準備ができます。こういった積み重ねが面接力をアップさせ、きっと内定へ結びつくはずなんです。

 

面接結果が出たら答え合わせする

 まさ  (47才)
答え合わせって、ど、どういうこと???

そして面接結果がでたら、自分がメモしたことや反省点と答え合わせしてみるんです。

まあ、内定が出たならあなたの回答は正解だったと思えばいいでしょう。

落選したのなら面接官が微妙な反応をしたことが原因だったのでは?と推測します。だとすれば、あなたの回答の仕方が不正解だったんだということです。

面接後にメモした一人反省会の資料を確認しながら、それぞれに気になったことを答え合わせし、自分なりの正解を出していきましょう

次の面接時に同じ問題(質問)がでたら、正しく正解を答えられるよるにするためです。

 

まとめ

内定が運よくすぐにでたならば、ラッキーですし、いちいち反省する必要はありません。

でも、何社も面接しても内定がもらえないケースというのは中高年の場合、残念ながら十分にありえるはずです。

そんな時に、転職活動を開始した最初のころの失敗が何だったのか把握できていない、また、解決できていないと、面接力は上がっていないということになります。

時間はどんどん経過して年齢だけが増えていきます・・・

そうならないよう、転職活動を開始した段階から面接を受けたら必ず一人反省会を開いて、面接力をアップしていきましょう。

 

 

 

-面接対策

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.