面接対策

面接の最後は「入社意欲」をアピールすることが重要

更新日:

面接であなたの経歴やスキルなどの確認が終わり、面接も終盤にさしかかってくると、「入社意欲」について確認される場面があります。

企業にとってはスキルや能力を評価して内定を出しても、結局、入社してくれない応募者には内定は出したくないものです。

中高年の場合は、何社も選ぶようなことは難しい場合も多いため、この「入社意欲」について確認される場面で思わずつまずいてしまうことは絶対に避けなければなりません。

質問の内容から、企業側の意図が読み取れず、軽く受け答えしてしまいがちですので、しっかりと確認しておきましょうね。

 

入社意欲を確認する質問例と意図

 まさ  (47才)
どの質問で確認されてるんだろうな?
いろんなパターンの質問から入社意欲を確認してくるんだよ
にゃんこ 先生

企業側があなたの入社意欲を確認するために「内定を出したら入社しますか?」とズバリ聞いてくることは、あまりないと思います。(あれば、ほぼ内定が決まっている場合が多いですよ)

もっと、違う質問からあなたの入社意欲を確認してきますので、事前にその質問の意図を理解しておく必要があります。

 

第一志望ですか?

 まさ  (47才)
さっき、転職エージェントから他の会社の面接連絡があったよ♪
よかったね。でも、正直に言わなくてもいいと思うよ。
にゃんこ 先生

ここで、はっきりと「はい、第一志望です」と回答しましょう。

実際には、複数の企業と迷っていたとしてもです。他の企業がどうなるかわからない状況なら、中高年の場合は面接を受けた企業は全て内定をもらっておきましょう。

それくらいの気持ちでいないと厳しい転職活動になってしまいますよ。

NGな回答としては、「他に2社検討させていただいておりますので、しっかりと検討したいと思っております」という答え方です。

なんとなく、正直で誠実な感じが伝わってくると思いますが、はっきり言って、この回答では不採用の可能性が高くなってしまいます。

非常に能力が高くて企業からするとどうしても採用したい人物ならばいいですが、他者と比較された場合は中高年は特に厳しくなってくるでしょう。

正しい回答は、「はい、第一志望です。御社の今後の方向性も私と同じく感じておりますし、入社後すぐに活躍できる自信もございます。是非、入社させていただきたいと思いますので、ご検討よろしくお願いいたします。」

このように回答すれば、内定をもらえる確率がグーンと高くなりますよ。

 

いつから入社できますか?

 まさ  (47才)
そんなんまだ決まってないし・・・
でしょうけど、、、決めておこうね💧
にゃんこ 先生

決して入社手続きのためなどの実務的な確認を意図とする質問ではありません。

はっきりとあなたの入社意欲を確認する質問として考えましょう。

NGな回答としては「現職でございますので、上司と相談の上、決めていきたいと思います」とか、「引き継ぎに時間がかかると思いますので、2~3ヵ月後を想定しています」という答え方です。

こういう回答は、現職の企業を中心とし、且つ、自分中心の回答となります。確かに、上司と相談するでしょうし、引き継ぎに時間がかかるのも理解できます。それは当たり前のことですよね。

ならばそんな当たり前のことは正直に回答する必要はありません!

正しい回答は、「内定をいただいてから2か月後に入社させていただきたいと思います」と答えましょう。

内定をもらってからどれくらいの期間を待ってくれるかは、企業によって変わってきますが、一般的には1~3ヵ月ぐらいといわれています。

しかし、3ヵ月は正直言って長すぎると思います。マイナスの評価をされるといけないので、2ヵ月までに抑えておきましょうね。

自分中心ではなく、そして曖昧な回答でもなく、はっきりと時期を伝えることが重要です。

 

面接を受けてどう思いましたか?

この質問が「入社意欲」を確認するためとは思えないですよね。

 まさ  (47才)
思わず、「事務所がキレイですね」とか答えちゃいそう
最後まで気を抜いちゃだめだよ!
にゃんこ 先生

質問の意図としては、面接を受けたことによって、面接前から比べて入社意欲が高まったかを確認したいと考えましょう。

ここで、その意図を意識した回答以外の答え方をすると、面接前より入社する意欲が下がったと捉えられる可能性があります。

正しい回答は「自分でホームページなどを拝見していた時より、実際に皆さんと面接させていただき、詳しいお話をお聞かせいただいたことで、より入社したいと思うようになりました。」

こう答えることができれば、間違いないと思いますよ。

 

まとめ

最後はやる気があるのかないのかが、何事も重要ですよね。

面接の終盤にやってくる「入社意欲」を確認する質問は、一見すると分かりづらいものです。

ここで、いい加減な回答をしてしまうと、本当は入社したいと強く思っているのに、入社意欲が低いと思われてしまいかねません。

面接担当者の質問の意図をしっかりとくみ取って、確実に入社意欲があることを最後にアピールして面接を締めくくるようにがんばりましょう。

-面接対策

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.