転職活動のNG

空白期間が長いのはNG

投稿日:

みなさん転職活動がんばってますか?

自分は2回転職しています。

2回目の転職時、面接で質問された内容でうまく回答できなかったことがあったんです。

それは、「空白期間があるけど、理由は?」という質問です。

本当の理由としては、実はリフレッシュしたくて、あえて2ヵ月くらいの空白期間を作ったんです。

沖縄とか、それまで忙しくて行けなかったところへ一人旅してました(笑)

さすがに、正直に答えることができず困りました。

皆さんも空白期間がある方は、面接に挑む際にしっかりと準備しておくことが大切ですよ。

 

理由のない空白期間はNG

転職活動をしていると、次の転職先が決まる前に、退職してしまう場合もあるかもしれません。

このサイトで再三お伝えしていますが、これだけは絶対にやめるようにしましょうね。

にゃんこ 先生
水面下で転職活動を進め、次の転職先が決まってから退職しようね!

とはいえ様々な事情から先に退職してしまったり、転職先が決まっていても何らかの理由で空白期間ができてしまうかもしれません。

企業が気にならない空白期間は一ヶ月以内と考えたほうが良いと思います。

それ以上の空白期間がある場合は、何か問題のある人物と思われてしまう可能性があります。

過去に転職歴がある方で、空白期間が一ヶ月以上ある方は面接時にこの部分を確認されることがありますので、要注意です。

特に良くないのは、退職したものの転職先が見つからず、長期間の空白期間がある場合です。

採用企業担当者からは、耐久力が無く、計画性も無い人物と思われることでしょう。

また、自分のように、あえて2ヵ月くらいの空白期間を作ってリフレッシュしたいとの思いからの場合もあるかと思います。

これも、仕事に対する意欲が低いのでは?と思われる可能性があります。

どちらにせよ、面接に挑むに際し、必ずしっかりとした理由を準備しておくことが大切です。

 

面接のために前向きな理由を用意

空白期間の理由として準備しておくべきことは、とにかく前向きな理由を用意することです。

一番ベストなのは、応募企業のお仕事に沿った勉強や資格を取得していたという理由です。

ITならば開発やプロマネ的な勉強や資格、海外とのやり取りが多い企業ならば、TOEICの勉強をしていたなどです。

採用担当者が、なるほど空白期間にそういった勉強をしていたなら、無駄な時間を過ごしていたわけではないなと納得できる理由を準備しておきましょう。

 

まとめ

本当は転職先が見つからずに時間だけが過ぎてしまって空白期間がある場合でも、よく考えれば採用担当者が納得できそうな理由を見つけることができるはずです。というか見つけなければなりません。

理由がどうしても見つからなければ、今すぐにでも勉強などをスタートするべきです。

何もしていないのにしたフリをするウソは良くないです。面接において説得力が無いですからバレてしまうことでしょう。

空白期間が長い場合、仕事に対する意欲が低い、または、実力が無い人物と認識される可能性があることを認識して、理由をしっかりと準備して面接に挑みましょう。

にゃんこ 先生
空白期間の理由について、自分で思いつかなければ、キャリアアドバイザーに相談してみようね。

-転職活動のNG

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.