転職活動のNG

圧迫面接でイラッとするのはNG

投稿日:

 あつし (38才)
こないだ面接で、イラッとしちゃったよ・・・
それ、圧迫面接じゃないかな?
にゃんこ 先生

 

面接をたくさん受けると、時々、明らかに自分の弱みばかりしつこく突いてくるような場面に出くわすものです。

これはいわゆる「圧迫面接」っていうやつですね。

面接担当者も何らかの意図があってやるものですから、落ち着いて対処することが重要です。

 

にゃんこ先生
怒っちゃったら終わりだよ・・・

 

ムキにならない

圧迫面接を実施する理由は、あなたがプレッシャーに強いか?素直な人物か?などを判断したいために行うものなんです。

その面接担当者の性格が悪いわけでも(たぶん)、あなたが嫌いだからでもありません。

緊迫した状況の中で、どれだけ落ち着いて対処できるのかを確認したいと思っているのです。

つい、カッしてムキになってしまったり、いら立ちが顔に出たりするのは、NGです。

もし、圧迫面接と感じたら「きたな!圧迫面接!」と心の中で唱えて冷静になるようにしましょう。

 

一旦受け止める

とはいえ、圧迫面接は、こちらからすると腹が立つことや、確かに事実のため、こちらが回答しずらい事を聞いてくるので、気分は良くありませんよね。

例えば、「転職回数が多くないか?」、「あなたのスキルで入社後に活躍できるかな?」など、弱みを突いてくるような質問をしてきます。

そこで、「あなたのスキルで活躍できる?」に対して、「大丈夫です。なぜなら・・・」と真っ向から否定してはいけません

これでは、相手の思うつぼ、負けですね。

いきなり否定することは、相手に良い感じを与えないですよね。

まずは、「たしかにスキル不足とお感じになることと思います。しかし、私は・・・」と、一旦相手の主張を受け止めてから、自分の主張を述べるようにしましょう。

このような回答の仕方なら、面接担当者の気分も害せず、スムーズな受け答えができるはずです。

 

まとめ

圧迫面接だと感じたら、まずは冷静になることです。

そして、相手の主張を一旦は受け止めて認めましょう。

その後、自分の主張を思いっきり述べるようにすれば、「できるな」と感じてくれ、あなたへお評価も良くなるはずです。

-転職活動のNG

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.