転職活動のNG

履歴書の志望動機を軽く見たらNG。”会ってみたい”と思わせる書き方(サンプル付)

更新日:

この【転職活動のNG】コーナーは、転職希望者の視点ではなく、面接する企業側の立場から、ちょっとそれはマズイよねという転職活動について書かせてもらっています。

にゃんこ 先生
まぼすけは、面接官も頻繁にやってるもんね。

自分は派遣営業もやっているので、最近では毎日1名は面接をしている状況なんです。

応募者の方が来社されて、まずは履歴書を拝見することが多いのですが、履歴書は人柄を表すものですね。

いい加減な文字だったり、誤字脱字がある方は、まさに、そういう性格なんだろうなと、マイナスの先入観を持ってしまうものです。それがだいたい当たるんですよね。

履歴書はとにかく丁寧に作成することをおすすめしますよ。

ところで、履歴書は名前や経歴を記入していきますが、ちょっと頭を悩ます部分もありますよね。

それは、「志望動機」のところじゃないでしょうか。

 

履歴書の志望動機をいい加減に記入したらNG

 まさ  (47才)
志望動機っていっても、面接で聞かれるし職務経歴書に書くでしょ?
職務経歴書には書かないし、面接まで行けないかもよ。
にゃんこ 先生

転職の場合、どうしても「職務経歴書」はしっかりと作成するけど、「履歴書」は”おまけ”みたいな感じで捉えてしまうことがあると思います。

でも、「志望動機」を「職務経歴書」に書くタイミングは無いと思います。

書類選考を突破して面接まで行ければ、必ず聞かれますから説明する機会はあると思いますけど。

だからこそ、あなたの熱意や気持ちを一番最初に伝えることができる「履歴書」の「志望動機」はしっかりと記入することが大切です。

 

志望動機は”会ってみたい”と思わせること

 まさ  (47才)
あの「志望動機」の欄、狭いよね・・・
たしかに。簡潔に書こうね。
にゃんこ 先生

しっかりと「志望動機」を記入するとはいえ、細かな字で欄にいっぱいに記入することはNGだと理解しましょう。

あくまでも読み手の気持ちを考えて、読みやすい大きさの文字で、簡潔にまとめた志望動機を書くことがポイントです。

また、志望動機があっさりしすぎてるのも、がっかりしてしまうものです。

「貴社の業務に興味があり応募しました。」

こういった1行で志望動機を書いてこられる方がいるんですよね。

ホントに当社に入社したいのか?と疑問に思ってしまいます。

この人物は”是非会ってみたい”と思わせるよう、なぜ興味があって、どうやって貢献できるかを簡潔に記入することが大切です。

 

書類選考に有利な志望動機の書き方(サンプル)

まずはNGな「志望動機」についてです。

NGな志望動機サンプル

貴社の○○に以前から興味を持っており、○○の販売を頑張っていきたいと思い志望いたしました。

 

正直な気持ちかもしれませんが、一方通行です。自分の気持ちしか伝えていません。

自分を採用することで企業側にメリットがあることを加えることが大切です。

 

”会いたい”と思わせる志望動機サンプル

貴社は○○業界のトップクラスであり、「○○を通して暮らしを豊かに」という企業方針に大変に共感を受けました。これまでのBtoCの営業経験から、○○の売上アップに貢献させていただきたいと考え、志望いたしました。

ポイントとしては、応募する企業の何が強みなのかを理解しているかと、自分が入社したら貢献できることを表現することです。

 

まとめ

繰り返しになりますが、履歴書は人柄が表れるものです。

全ての項目において、丁寧に作成しなければなりません。

中でも「志望動機」は、文章を書く唯一の場所となります。

そのため、うっかりいい加減に記入してしまうと、”いい加減な人物”と思われかねませんよ。

-転職活動のNG

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.