面接対策

面接での身だしなみ

更新日:

面接へ挑むに際し、質問への回答はしっかりと準備ができたことと思います。(まだなら、しっかりやりましょうね)

当日に受け答えは完璧でも、服装や髪型がだらしなかったり、不潔だったりしたら、いくら優秀な人だとしても、いっしょに働くのはNGってことになりかねません。

身だしなみは自分なりに完璧に整えて挑むべきです。

社会人ならば日ごろから気をつけていることかと思いますが、念のためにチェックしておきましょう。

 

身だしなみ10のチェックポイント

身だしなみチェック10
1.髪型 2.爪 3.ヒゲ 4.スーツ 5.シャツ 6.ネクタイ 7.靴 8.靴下 9.カバン 10.ムダ毛

髪型

企業にもよりますが、金髪・ロン毛はやめたほうが無難です。

できれば、前髪はあげておでこを出す、そしてサイドと襟足は短くする髪型がベストでしょうね。

希望の会社に入ったら好きな髪形にすればいいので、面接時くらいは割り切って真面目さを演出しましょう。

短くキレイに切っておきましょう。
あたりまですね。

ヒゲ

ひげを伸ばしてる方には申し訳ありませんが、剃って面接に挑んだほうがベターです。

それがこだわりであり、あなたの個性であっても。

もしかしたらヒゲ嫌いな面接官かもしれませんし。

それよりもマズイのは、無精ひげですね。

また、自分では気が付いてないんですが、毎日、ある部分だけ剃り残しがある人っているんですよね。(自分もそうなんですが)

出かける前に、剃り残しがないか確認しましょう。

スーツ

 まさ  (47才)
バブルのころ、紫のスーツとかはやったよね・・・

そんなのは論外です。

いわゆるリクルートスタイルのスーツがベターです。

そんなの中高年のかたがたは持っていないかもしれませんね。

ならば、なるべくシンプルデザインのスーツを選びましょう。

シャツ

白の無地にしましょう。

別にブルーでもいいかもしれませんが、とにかく無難にしときましょう。

ネクタイ

おすすめは、ブルー系のストライプが好印象なんじゃないでしょうか。

奇抜な色やデザインを避ければ、大丈夫かと思います。

ビジネスシューズでしょうから、基本的になんでもいいです。

ただし、汚れていてはNG。

キレイに磨いておきましょう。

靴下

これは濃紺の無地がベストです。

白い靴下や柄物は避けましょう。

カバン

いつも使っているビジネスバッグでよいと思いますが、リュックタイプは止めたほうがいいと思います。

通勤には楽なことは理解できますが、あんまり仕事がバリバリできそうな印象は与えないと思います。

ムダ毛

すねや腕じゃなくって、鼻毛や耳毛です。

もし見えてたら超かっこ悪いですよ。

 まさ  (47才)
あと、眉毛がつながってるのもイヤ(笑)

 

まとめ

当たり前のことばっかりですね。

だからこそ、どっかに問題があると、「人間性に問題あり」と思われかねません。

「人は見た目が100パーセント」とかっていいますもんね。

自信を持って面接に挑むためにも、しっかりと確認しましょう。

-面接対策

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.