面接対策

30代後半、40代、50代 年代別の面接でアピールすべきこと

更新日:

転職の年齢限度は35才」と以前は言われてましたが、はっきり言って以前からそんなことはないと思ってます。

自分はこれまで30代後半、40代後半でそれぞれ転職してきましたが、書類が通過して面接してくれた企業は年齢は関係なく、今、必要なポジションに適正な人材を当てはめることを真っ先に考えていました。

たまたま能力が同じで年齢が若い人がライバルとして応募者にいたら負けてしまったかもしれませんが、運もあってか採用をしてもらいました。

転職をどうしてもしたかったら、もう年齢のことなんか気にしないほうがいいです。

とはいえ、この年齢だからできることや、アピールすべきことがあるはずです。

面接でアピールしたら良いと思われることを年代別にご紹介していきますね。

30代後半が面接でアピールすべきこと

 あつし (38才)
気が付いたら30後半になってた・・・
若くて経験豊富なところをアピールするべきです。
にゃんこ 先生

「35歳まで」っていう募集求人が多く存在するのは確かですが、30代後半なら、あなたの能力を買ってもらえるならば、その年齢制限は関係ないです。

30代後半は、年齢制限を全く気にしなくてもいいと思ってます。(ただし、それは同業界や同業種への転職の場合です。全く異業種へ転職しようって場合は、ネックにる可能性はあります。)

将来性

初めての転職だと、20年弱を一つの会社で務めてきたことになります。だとすると、そこでの仕事しかできなくなってないか?っていう不安を持たれる可能性があります。

まだまだ、新しいことを吸収する伸びしろがあり、そして、柔軟に新しい職場でがんばれる社交性があるってことを、さりげなくアピールできると良いでしょう。

若さをアピール

実際はそれほど若くはありません(汗)ので、若々しさをアピールするんです。まだ、フットワークが軽く、多少仕事が忙しくたって、体力は十分というところはアピールしておいたほうがいいです。趣味でスポーツやってるみたいなことが話せるといいですね。

 

40代が面接でアピールすべきこと

 まさ  (47才)
正直言って、転職できるのか心配です。
大丈夫。絶対に転職できますよ!
にゃんこ 先生

マネージメント感覚

やっぱり40代にはこれが一番求められるんじゃないでしょうか。

とはいえ、40代のみんなが管理職経験があるかといえばそうじゃないですよね。

だから、「感覚」が大事なんです。

たまたま、これまでの職場環境によりマネージメント業務ができなかっただけであり、実際にはその能力があることを伝えなければなりません。

例えば、

  • プロジェクトを責任者として管理した。
  • 社内行事や社員会のリーダーをしている。
  • 新入社員教育の責任者をした。

上記のような何か複数の人間を取りまとめする役柄をしたことを考えて思い出しておきましょう。

また、仕事以外のマネージメントみたいな事でもいいと思います。

例えば、

  • 草野球チームのキャプテンをやっている
  • 子供たちのサッカーチームの指導をしている

などなど・・・

仕事以外のことだって、人とかかわって取りまとめている事や経験があるならば、それをアピールしましょうね。

人脈

あなたが営業の場合は人脈は大きな財産となるはずです。

保険関連の企業だと、最初に面接にいくと、友人の数とか確認されるんですよ。

40代になれば、ある程度の人脈はできてることでしょう。

その中で、この企業で役に立ちそうな(言い方悪いですが)人々を、ピックアップしておきましょう。

面接の質問の中で、入社後にどう貢献できるかって話が、いろいろなパターンで聞かれた時、具体名は上げる必要はありませんが、なんとなく有望な人脈を持ってるな、って感じをアピールできると良いと思います。

 

50代が面接でアピールすべきこと

 ひで  (51才)
経験をアピールするしかないよね・・・
重要なのは、何を求めているのか見極めることです。
にゃんこ 先生

ニーズに確実にマッチする人材である

50代で書類選考が通るということは、実績やスキルには非常に期待していることが考えられます。これから育てようとは決して思っていないでしょうから。

できれば、すぐに大きな実績があげれそうな話ができるとベストですね。まあ、当たり前ですが。

しかし、なかなかそうもいかない場合もあるでしょう。

50代になった自分に何を求めているのか、しっかりと考えておくことが重要です。

エージェントを介していれば、担当営業に確認してみましょう。

その「理由」に対して、どう貢献できるかを確実にアピールできるか?が合否のポイントになります。

事前に分からなければ、まずはやっぱりマネージメント力、人脈をベースに自分の強みを棚卸しておき、話の流れの中で、何かをつかめたら、しっかりとその部分をアピールして面接を終えるようがんばりましょうね。

 

まとめ

30代後半、40代、50代と、面接でアピールするべきことを書いてきましたが、40代だって若さをアピールしたっていいし、30代後半だって、企業が何を求めているのか見極めるのは、とっても大切なことです。

面接での受け答えと同様に、世代を超えて自分のキャラやキャリアを見比べながら、アピールポイントはしっかりと準備することが重要です。

そして、その時が来たら確実にアピールできるようにしておきましょう。

-面接対策

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.