転職したいと思ったら

30代,40代,50代の中高年が転職に役立つ資格 5選

更新日:

中高年の転職に有利な資格はどんなものがあるのか?

 あつし (38才)
普通自動車免許はあるよ!
・・・、無いよりはいいけどね。💧
にゃんこ 先生

 

資格を持ってれば転職に有利なのか

世の中には様々な資格がありますが、中高年の転職活動の中で持っていて有利な資格はどれなのかを考えてみたいと思います。

自分もたくさん履歴書を企業へ提出して、企業から言われたり、転職エージェントのキャリアアドバイザーから言われたことなど、自分の経験からもお話ししますね。

まず、資格というものは自分が勤務している、あるいはこれから勤務する職場環境に適していれば武器となります。

でも、職場環境に関係なければ何の意味もないとしっかりと理解しておく必要があります。

例えば、TOEICが800点だとしても、英語を使わない企業には何のメリットもありませんから、転職活動にプラスに働くことはありませんね。

要するにその業界や職種に見合った資格が武器となりますので、これから何か資格を取得しようって方はこのへんを注意して選択しましょうね。

 あつし (38才)
ところで、さっきからエラそうに言ってるあんたは何か持ってるの?

自分は中高年で2回転職活動してますが、資格が役に立ったのか?という質問をされると、全く役に立ちませんでしたという回答になります。

だって、何も持ってないからです。

ただし、持ってれば良かったなと何度も感じたことがありました。そして、一時期、勉強もしたりしました。

自分の場合は、TOEICでした。

外資系企業への応募時、求人票にはTOEIC700点とか書いてある場合が多いんですよね。こうなると、応募すらできないわけで、これが悔しくて勉強しました。そのうち、内定をもらうことができたので、勉強も辞めてしまったんですけどね。

このTOEICですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談したときに、「やっぱりもってたほうがいいですよね~」と聞いてみたところ、別にそんなことは無いとの回答でしたね。

キャリアアドバイザー曰く、TOEICの点数よりも、英会話ができるかの方が重要視されるとのことでした。

たしかに、自分もTOEICを勉強しましたけど、これで外人さんと話ができるとは思いませんでしたもんね。

このように、自分の想像だけで資格取得のための勉強を始めず、自分がこれから目指す業界や職種をしっかりと見据えてから始めるようにしましょうね。

 

30代,40代,50代の中高年が持っていると転職に有利な資格 5選

さて、最近の就職に有利な資格というのは、以前とはかなり変わってきたといわれていますが、中高年が持っていたら転職に有利と思われる資格をピックアップしてみました。

一点、補足なんですが、例えば不動産業界で働くには「宅建士」の資格が有利でしょうし、ITならば「ITコーディネーター」など、業界に特化した資格は含みません。

あくまでも、どの業界でも汎用的に武器となりそうな資格をご紹介します。

1.中小企業診断士

どの業界でも通用する最高の資格といえば、「中小企業診断士」だと思います。

中高年が転職活動するなかで、一番期待されるのは「経験とスキル」ですが、それに加えてこの資格を持っていたら、高い確率で内定をもらえることでしょう。

難易度は高い資格ですが、経営コンサルタント的に経営に携わりたい方や、経営者を目指す方にはおすすめの資格です。

 

2.メンタルヘルス・マネジメント検定

10年前には聞いたこともなかった「メンタルヘルス」という言葉ですが、最近は働いているといろいろな場面で聞こえてきますよね。

うつ病などを発症する社員がいると、企業にとっては労災問題になったりと不利益な事態になりかねません。

そのため、最近は管理職者にはこの「メンタルヘルス・マネジメント検定」を取得を求める企業も増えてきたようです。

 

3.簿記検定

簿記というと、総務や経理の人しか意味ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、最近はそうとも言えなくなってきました。総務や経理以外のビジネスマンも多く取得するようです。これは、簡単に言うと、簿記を持っていると経営にからむ書類を理解できるようになるということです。

特に中高年の場合は管理職につく可能性が高いので、財務諸表を読む知識や、経営分析をしなくてはならない場面が多くなります。

そういった意味では中高年が持っていると、転職活動においてもすぐに経営に力を発揮してもらえそうと思ってもらえるので、きっと有利にはたらくと思います。

 

4.ビジネス統計スペシャリスト

企業でのデータ分析の実践力を評価する資格です。

ビジネスマンが使い慣れているExcelを使ってデータ分析する技能を身につけることができます。

自分が管理する部課や会社の経営データを正確に分析し、活用できれば企業にとっては非常に有効な人物と期待されるでしょうね。

 

5.TOEIC

最後にやっぱり英語です。

どんどんグローバルな時代になっていきます。ただし、TOEICは点数が低くては評価されませんし、英語を全く使わない企業には意味がありません。

ただし、自分の経験では中高年を含む求人の場合、英語力が必須や歓迎みたいな場合が多いと思ってます。

 

まとめ

これらの資格があると、中高年の転職にきっと有効だと思います。

もう一つのメリットは、最近はどんな大企業でも実施される可能性がある「リストラ」をされにくくなるということです。

今後、景気がどうなっていくか分かりませんが、再就職の武器として、自分を守る盾として、積極的に資格取得を目指しましょうね。

 

-転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.