職務経歴書

書類審査の突破確率を上げる方法

更新日:

 まさ  (47才)
ふーっ、職務経歴書できたよ。応募しまくるぞ!
ちょっと、まった!同じ職務経歴書を送るつもり?
にゃんこ 先生

職務経歴書を作るのに結構時間がかかったんじゃないでしょうか。疲れましたね。

でも、それで職務経歴書は完了ではないんです。

これから、応募していくことと思いますが、必ずやったほうがいいことがあります。

それは、企業ごとに修正することです。

 

応募する企業ごとに職務経歴書を修正しよう

どこを修正するのか?

ずばり、「活かせるスキル・経験」の部分です。

例えばIT関連の企業複数社へ応募することとします。

中には、ソフトウェアベンダー、ハードメーカー、ソフトウェアパッケージメーカーなど、大きなくくりはITでも、細業種に絞ると中身は大きく変わってきます。

あなたが、ソフトウェアベンダーの営業だったとして、これまでの経験で「顧客のニーズを引き出す、ソリューション提案営業をやってきた」というのは、同じソフトウェアベンダーへの応募には強みになりますが、ソフトウェアパッケージメーカーには今一つアピールが弱いかもしれません。

ソフトウェアベンダーの営業は、おそらく何を販売してもいいスタンスかと思いますし、また、直販営業なのでエンドユーザーとの接点が一番深くする必要があります。そして、良い関係を構築してニーズを引き出して、一番良いものを選択し提案するんだと思いますが、ソフトウェアパッケージメーカーの営業は、エンドユーザーとの関わりはあまりないかもしれません。

ソフトウェアパッケージメーカーの営業は、どちらかというとパートナー企業(パッケージを販売してくれる企業)の担当者への販売が中心の場合が多いと思います。ということはおのずと、営業スタイルも変わってきます。

また、販売する製品も、顧客に合ったベストなものではなく、自社のパッケージソフトを販売しなければいけないので、数ある製品の中で、ベストなものを選択ではなく、これがベストのストーリーにしなければいけませんもんね。

このように、同じ業界・業種だとしても細かく見てみると違っているものです。

 

応募する企業を研究する

photo credit: somegeekintn Looking For Clues (188 / 365) via photopin (license)

 まさ  (47才)
研究って・・・ めんどくさそう。

まずは、各企業をしっかりと研究することが重要です。

研究といってもホームページを確認する程度で各社の違いは分かるものです。

「この企業は、ハードウェアの販売を中心にしているようだな、ならば、ソフトウェアを販売する中で〇〇のハードウェアを販売してきた実績を多めに書いておこう」

「得意先は、〇〇会社があるんだな。ここは自分もよく通っていたから、アピールしておこう」

ホームページをよく見てみると、これまでの自分のスキルや経験との接点をきっと発見できると思います。

そういった部分をアピールできるよう「活かせるスキル・経験」の部分を修正するようにしましょう。

 

まとめ

この作業をこまめにすることで、書類通過率は大きく変わってくるものと信じています。

自分の経験でも、この企業は絶対に面接まで持っていきたいって思った企業に関しては、結構な時間をかけて研究し、職務経歴書を修正して応募したものです。すると、実際に書類選考を通過できる場合が多かったことを覚えています。

職務経歴書を完成させて、ほっとしたいことと思いますが、応募前のひとふんばりです。

がんばって、修正してから応募するようにしましょうね。

-職務経歴書

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.