職務経歴書

職務経歴書は応募する企業ごとに修正しよう

更新日:

 まさ  (47才)
企業ごとに職務経歴書を修正するって面倒だな~
でもそこが一番大切なんだよ。
にゃんこ 先生

書類審査の突破確率を上げる方法でもお伝えしましたが、職務経歴書は1回作成したら終わりではありません。

応募する企業に面接で会ってみたいと思わせるようアピールすることが大切です。

 まさ  (47才)
だよね、自慢できるポイントをたくさん書いておこっと。
ちょっと待って、応募企業のこと分かってる?
にゃんこ 先生

アピールが大切なのは間違いないですが、大切なのは応募企業が望んでいる経験とスキルを持っているか?っていうことです。

例えば、IT業界への応募で業界は同じとしても、ハードとソフトの違いはありますし、営業として職種は同じでも、得意先(お客さん)が個人と法人をでは経験とスキルが変わってくるはずです。

逆に言えば、業界が同じでも書き方によってマイナスに判断されてしまう可能性も出てきてしまいます。

だからこそ、まずは応募する企業を自分なりに調査することが重要になってきます。

 

自分のアピールポイントを見つける

中高年の転職の場合、企業が期待しているのは、まずはすぐに即戦力となりえるかということです。

営業ならば売上拡大につなげることができるか、生産や開発ならばメンバーの一員として業務を任せることができるかなど、高いレベルですぐに活躍できるかが可否のポントとなります。

これまでの自分のキャリアの棚卸をしていることと思いますので、企業調査の結果とキャリアを結び付けてアピールポイントを考えておきましょう。

 

得意先の接点

得意先がこれまでお付き合いのあった企業があると、大きく評価される場合があると思います。その得意先が応募企業の重要なお客様だとするとより大きなプラスポイントですね。

例えば営業ならば、すぐにその企業の担当者に連絡し、新しい会社同士のお付き合いを開始できることを盛り込みましょう。

職務経歴書に企業名を入れてもいいと思いますので、該当する得意先があれば積極的にアピールしましょうね。

 

取扱商材の接点

自分が扱っていた商材と全く同じ商材を販売している企業への応募なら、職務経歴書を作成する上で、あまり難しく考える必要はないでしょう。そのまま、自分の実績を記入すればいいわけですから。

しかし、そのような企業の求人も少ないことでしょう。同業界、同業種だとしても、きっと微妙に商材の性質は違うものです。

そこを、うまく微調整して職務経歴書を修正しましょうね。

例えば、ITの営業で、これまで販売管理のソフトウェアを中心に取り扱ってきたが、応募する企業は生産管理の仕組みがメインだとします。

まったく違う性質のソフトウェアなんですが、まずは企業で利用するソフトウェアであることが接点ですし、ソフトウェア同士の連携もよくある話です。このあたりを接点としてアピールしましょう。

お客様からニーズを引き出しベストな提案をすることで、システムを受注してきたことは販売管理でも生産管理でも同様ですし、販売管理システムと連携する形で生産システムも提案し受注してきたなど、直接ではないが間接的に接点があったことをアピールできるといいと思います。

 

方向性の接点

自分が目指すところと、応募する企業が今後目指していく方向性を結び付けるといいですね。

IT業界が分かりやすいと思いますので例としてあげますが、これまでは販売管理などの業務システムをメインに取り扱ってきた企業だが、ホームページなどでVR(バーチャルリアリティー)分野へ参入するというようなことが分かれば、自分としても今後のITにはVRは欠かせない技術と考えており、自分の方向性と同じことをアピールできると良いと思います。

 

まとめ

職務経歴書を応募企業ごとに修正するには、まずは企業の調査ありきとなります。

ホームページなどでしっかりと企業の調査をして、接点となる部分の経歴やスキルのボリュームを大きくし、そうじゃない部分は少なく修正するようにしましょう。

面倒かもしれませんが、書類突破に重要なポイントです。時間をかけてがんばって修正しましょう!

 

-職務経歴書

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.