転職したいと思ったら

転職を決断するための考え方やポイント

投稿日:

自分は2度転職をしています。

1度目の転職は思い切りよく辞めてしまいました。
今となれば思い切りよくというよりも、無謀だったというほうが正しいかもしれません。

にゃんこ 先生
いきおいでの転職はダメだよ!

しかし、2度目の転職のときは非常に悩みました。
内定をもらっても辞退したりと、なかなか転職を決断することができませんでした

転職を決断できなかった理由はいろいろとありましたが、結果的に転職して今の仕事に就いています。
この決断が正しかったかどうかは、辞めるときに分かるんでしょうかね。。。

さて、みなさんも転職活動をがんばっていることと思います。
実際に内定をもらったらどうするか本当に転職するか決めていますか?

今回は転職を決断するために考えておきたいことをピックアップしたいと思います。

 

転職活動と転職は別物

別の記事でも書いていますが、転職活動と実際に転職するのは別物と考えておく必要があります。

冒頭にも書きましたが、自分の経験においても内定が出ても実際に転職できなかったことがあります。

自分としては入社しても良いと考え、わざわざ面接などの準備や時間など労力を使ってきたわけです。
にもかかわらず、結果的に辞退。

極論すると無駄な時間を過ごしたことになります。

自分の思いを整理して転職活動を進めていかないと、ムダな時間を費やすことになりかねませんし、転職決断をすることは難しいと認識しておきましょう。

 

転職を決断するためのポイント

それでは転職を決断するためのポイントをピックアップしてみました。

転職活動を進める職段階で、必ず自分でチェックしておきましょう。

 

仕事内容をしっかり確認把握しておく

まずは、希望している仕事に無理はないか、仕事内容はどのようなものか、しっかりと確認して把握しておくことが大切

ありがちなのは、今の職場の上司や同僚がキライなので、とにかく別の会社に転職したいという、あまりオススメできな転職理由の場合、希望している仕事内容をしっかりと把握していない場合があります。

この場合は要注意です。

無理な転職をしてしまい、自分の能力外の仕事をこなさないといけないかもしれません。

また、自分で仕事内容に不明点や不安があると、転職を決断することは難しいでしょう。

それらを取り除けるよう、面談時に担当者に確認したり、キャリアアドバイザーに相談しておきましょう。

 

給与は満足できるか

年収と月収をしっかりと確認把握しておきましょう。

年収は聞いていたけど、月収は聞いてなかったということがあります。
月収は少ないけどボーナスを多めに設定してある場合などは、毎月の支払いなどに影響がでる場合もあります。なるべく細かく確認しておきましょう。

また、今よりも下がる場合は、今後の生活設計をしっかりして判断することが重要ですから、より深い検討が必要です。

 

通勤方法や時間に無理はないか

仕事内容や給与も満足だけど、勤務地が自宅から遠くて・・・

これは割り切りだけですね。
これまでよりも、どれだけ早く起きて、通勤時間は今よりどれぐらい長くなるのか。
応募する段階で確認できることかと思いますので、忘れずにチェックしておきましょう。

 

仕事に夢や希望は持てるか

夢も希望も無い仕事には就かないかとは思います。

ある程度の自分の成長を楽しめるような仕事じゃないと転職するべきではありませんよね。

入社後2年は基礎的な仕事をして、3年目からは自ら率先して職務を遂行し、部下もできて・・・
というビジョンを描ける仕事か考えてみましょう。

 

まとめ

転職を決断するためには、転職先について自分が納得できているかどうかです。

そのためには、上記のポイントをなるべく早い段階でチェックして心の整理をしておくことが重要だと考えています。

-転職したいと思ったら
-

Copyright© 転職バンザイ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.