30代の転職 40代の転職 50代の転職 転職したいと思ったら

転職先の"人間関係を把握できる方法"と"攻めの転職"のススメ

更新日:

まず根本的な話ですが、転職したい理由が人間関係の場合はより慎重に今後を考えて動く必要があります。

上司とウマがあわない、同僚が好きになれない、etc・・・

人間関係の悩みは良くある話です。

しかし、その悩みを転職に繋げるのは避けたほうがよいでしょう。

 

転職理由が人間関係は危険

 あつし (38才)
なんでダメなの?・・・
前向きじゃないしキリが無いからだよ
にゃんこ先生

なぜか?

いわゆる”逃げの転職”になりかねないからです。

転職はやむにやまれぬ家庭の事情や、スキルアップなど、なるべく前向きな目的で行うべきものです。

こちらを例えれば”攻めの転職”ということです。

人間関係の悩みによる”逃げの転職”では、新しい転職先でも同じ悩みを持つ可能性が高いと思います。

人間関係で転職していてはキリが無いとも言えます。

ただし、パワハラなど明らかにブラックな上司や過度な残業がある場合は別です。

最近は「働き方改革」という言葉が企業にも浸透しています。

そんな時代にパワハラが横行していたり、残業に制限をかけないような企業は、転職を検討することは間違っていないと思います。

 

転職先の人間関係が心配なら

転職理由は人間関係以外の方でも、転職先の人間関係が心配な場合はあるでしょう。

 あつし (38才)
どうすれば転職先の人間関係をある程度予測できるのかな?
企業担当者にはっきりと聞いてみることだよ
にゃんこ 先生

未来の人間関係を確実に知ることは無理な話です。

でも、新しい上司や同僚の基本的な情報を入手できれば、ある程度の想像はできるかもしれません。

それには、企業担当者に聞いてみるしか方法はないと思います。

面接時に聞いてみる

一つ目の方法は、面接時に聞いてみることです。

上司の年齢、同じ部署の同僚となる人数や性別、年齢などを確認してみましょう。

しかし、初回の面接で聞いてはいけません。

最初から職場の人の情報を質問したりすると、「人間関係のストレスに弱い人では?」と思われてしまいかねません。

あくまでも、2次や3次の面接終盤に質問するべきです。

面接も終盤になれば、実際に上司となる人物も登場するはずです。

職場の雰囲気も分かりやすいでしょうし、より具体的な情報を入手できると思います。

内定前に同僚に会わせてもらう

もう一つの方法は内定をもらうまえに実際に同僚と会ってみることです。

 あつし (38才)
どうやって?
できれば転職エージェントのキャリアドバイザーの力を借りたいところだね
にゃんこ 先生

面接の流れで上手くお願いできればいいんでしょうが、なかなかこちらから同僚と会わせてくださいとはいいづらいと思います。

しかし、最終面接で内定がもらえそうな感じの状況の場合は、会わせてもらうお願いをしても問題ないと思います。

「職場の雰囲気を知りたいと思いますので、同僚となる方と会わせていただくことは可能でしょうか」とお願いしてみましょう。

ただし、あくまでも企業側があなたのことを欲しがっている(採用したいと考えている)場合のみです。

他の応募者と迷っている段階だと、下手をすると「面倒くさいヤツ」と思われて不採用になりかねませんので注意しましょう。

簡単で間違いない方法は転職エージェントのキャリアアドバイザーにお願いしてみることです。

彼らはそのあたりの企業へのお願いタイミングやコツを非常に良く理解していますから、タイミングをみて上手く企業へお願いしてくれることでしょう。

キャリアドバイザーにとって、あなたが不採用になることは自分の営業成績に直接繋がってきます。

ですから、あなたが新しい同僚と会ってみたいと強くお願いすれば、企業の心象を害さぬよう上手く事を進めてくれるでしょう。

30代,40代,50代の中高年が登録必須の転職サイトと転職エージェント

転職したい時、求人の探し方は本当に多種多様になってきました。 ハローワークのような公共サービスから、リクルートなど大手企業が提供する転職サイトや転職エージェントなど、いったいどれを利用するべきか迷って ...

続きを見る

 

転職先の人間関係を心配しても意味がない?

”そもそも論”となり恐縮ですが、新しい職場での人間関係を転職前に心配しても仕方がないと考えています。

それはなぜか?

転職の話から逸れてしまいますが、これから起こりうることを過度に心配することは良くないということです。

何事もそうですよね。
良いことでも二の足を踏んでしまいかねません。

自分にとって良くないことが起こる可能性はいつだって誰だってあります。

明日、予期せぬ事故にあう可能性はありますが、それについて心配しても意味がありません。

やれることは交通ルールを守ることぐらいですよね。

転職において第一に考えるべきことは、自分のスキルアップや仕事内容についてであり、人間関係は二の次に考えるべきです。

現状、人間関係で苦しんでいる人は、そのような考え方がしづらい心境だとは思いますが、なるべく人間関係は楽観的に考えるようにしたほうが良いと思います。

 

どの世界にも人間関係は存在する

それはどの世界にも人間関係の悩みは存在しているからです。

普段、人間関係に悩んでそうに見えない人だって、必ず、あまり好きじゃない人が周りにいるはずです。

でもきっとその人はその嫌いな人を意識せずに仕事にまい進しているんだと思います。

大切なことは仕事のことであり、その嫌いな人ではないということです。

要するに心の中で無視している感じなわけです。
キライな人に焦点を置いてはいけませんよね。

自分が好きじゃない人のことは考えなくてもいいです。

それが上司であってもです。

その上司とのやり取りは、あくまでも仕事上です。

何を言われようが”所詮は仕事上のこと”と楽観的に捉えるようにすることが大切です。

 

全てが理想的な職場はないことを知る

photo credit: -Reji My Delicate Flower.. via photopin (license)

最後にお伝えしたいことは、”夢の職場”は存在しないということです。

あなたの大好きな人だけが同僚であり、あなたに優しく親切にしてくれる上司だけがいて、残業もなく給料も高い・・・・

そんな職場はありません。

どの職場にもいろいろなタイプの人間がいます。

あなたが嫌いなタイプの人、もしかしたらまだ出会っていませんが、もっと嫌いなタイプの人ともめぐり合うかもしれません。

それは致し方ないことです。

特に人間関係において、全てが理想どおりいかないことは覚悟して、常にやってくる壁を乗り越える覚悟が大切だと思います。

 

まとめ

転職先の人間関係を心配することは、あまり意味がないと考えています。

なぜなら、どの世界にも様々なタイプの人がいて、仕事をする上で、その人たちと関わっていかなければならないからです。

それが会社であり社会なんですよね。

人間関係で転職を考えている方や、新しい職場の人間関係を心配している方は、どんな人と関わっても自分自身のアイデンティティーや平常心を保つ精神力を鍛えることが大切かもしれません。

-30代の転職, 40代の転職, 50代の転職, 転職したいと思ったら
-

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.