30代の転職 転職したいと思ったら

30代後半が転職を成功させるための必須ポイント

更新日:

30代後半になると転職できるのか不安になる方も多いんじゃないでしょうか。

 あつし (38才)
心配だな・・・
大丈夫だよ!
にゃんこ 先生

結論からお伝えすると、必ず転職できます

全く心配ありません。

このサイトで自分の経験を書いていますが、自分は2回転職しておりまして、1回目は39才のときでした。

普通に書類選考も通過しましたし、複数社から内定ももらうことができました。

ただし、転職を成功させるために、転職活動を正しく行うことが必須となります。

今回は30代後半の方が、転職を成功させるための正しい考え方や手法についてお話ししたいと思います。

 

35歳 転職限界説は本当か?

 あつし (38才)
おれはもう35歳過ぎてるし・・・
35歳を過ぎてたって正しい転職活動をすれば大丈夫だよ!
にゃんこ 先生

まずは何故、35歳が転職の限界といわれるようになったのかを理解することから初めてみましょう。

未経験職種は当てはまる

「これまでIT関連の営業職をやってきたが、これからはプログラム開発をしたいので、一生懸命勉強してプログラマーやSEなどの技術職に転職したい」といっても、これは難しいですよね。

これは極端な例ですが、未経験の職種に転職しようとすると、ある程度の期間は勉強など知識を習得する時間が必要です。

30代後半になると、覚えたころには40歳を超えている・・・
ということになってしまうわけです。

このように全く新しい職種にチャレンジする場合は注意が必要ですが、これまでの経験と似通った職種ならば、好景気(あまり実感しませんが)による人手不足も手伝って、現在では30代後半でも問題ないと考えてよいと思います。

30代後半はとにかく職務経歴書を魅力的に作る

自分は採用の仕事もしていますので、職務経歴書は頻繁に目にする機会があります。

中には「これでは読む気がしないな・・・」と思ってしまう残念な職務経歴書もありますし、「是非会ってみたい」と感じるものもあるものです。

自分のアピールできるスキルを魅力的に感じてもらうために、応募する企業ごとに作り直すぐらいの気持ちで挑むことが重要です。

にゃんこ 先生
1種類の職務経歴書をいろんな企業へ送っちゃダメだよ!

しっかりと対象企業のポイントをつかんで、自分のどの部分をアピールできれば、採用担当者が会いたいと思ってくれるのか考えながら職務経歴書を作るようにしましょう。

具体的な作り方については、「書類審査を突破する職務経歴書を作ろう」を参照してください。

30代後半が必ず活用するべき転職サイト・転職エージェント

30代後半になると、マネージメント経験者などがアピールポイントとなる場合が多いですが、こういった求人は一般に公開されていないことが多いんです。

より重要な管理職などのポストの仕事は、転職エージェントが持っており、且つ、キャリアアドバイザー毎に得意な業界があったりと様々です。

30代後半ならば、一般公開された求人を調査することも大切ですが、転職エージェントからより良い待遇の仕事を紹介してもらうほうが効率的だと思います。

30代後半の方が登録してメリットの高い転職エージェントは以下の4つです。

DODA

DODAは転職サイトと転職エージェントの区別が無いというか、転職サイトに登録すると、転職エージェントのサービスも受けられてしまいます。

また、様々な担当者がついてくれるため、「一粒で二度おいしい」(古)というか、一度の登録でたくさんの求人を紹介してもらえる可能性が高まるおすすめの転職エージェントです。

登録はこちらから 転職ならDODAエージェントサービス

 

JCAリクルートメント

自分が転職活動をして一番多く内定をいただいた結果が出た転職エージェントとなります。

担当してくれるキャリアアドバイザーから非公開求人を紹介してもらえるのは当然ですが、キャリアアドバイザー同士の横の繋がりも良くて、少し違う業界だが自分にあった求人として別のキャリアアドバイザーから紹介が入ることもありました。

登録はこちらから JACリクルートメント

 パソナキャリア


パソナキャリアさんは、登録すると利用できる「マイページ」が非常に便利です。

どんどん求人を紹介してくれますし、「マイページ」から詳細を確認したり、応募するかしないかの回答などをすることができるため、時間のないビジネスマンも効率的に検討と応募が可能となります。

登録はこちらから 【パソナキャリア】

 

リクルートエージェント


なんといっても最大の求人数を持つといわれているリクルートエージェントは外せないですね。

リクルートエージェントを最大限に活用する上で大切だと思っていることは、キャリアアドバイザーと良い関係を保つことだと考えています。

最大の求人数を持っているので、応募する求職者も非常に多くなります。

その多数の求職者の中に埋もれてしまわないよう、しっかりとキャリアアドバイザーとコミュニケーションをとり、常にアピールを続けていくことがポイントだと思います。

そうすれば有効な求人を多く紹介していただけるという大きなメリットを得られることでしょう。

登録はこちらから リクルートエージェント

 

まとめ

30代後半の方が転職を成功させるには、まず自分がどっちの方向へ転職したいのかを自ら確認することが第一歩です。
そして、正しい転職活動をするとともに、上記の転職エージェントを最大限に活用することが非常に大切なポイントなります。

-30代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.