30代の転職 転職したいと思ったら

【30代の転職】リスクを把握し転職すれば怖くない

投稿日:

「転職は夢への第一歩」

転職サイトや転職エージェントの広告にはこんな言葉が書いてありそうですよね。

志によっては確かにそうです。

でも、当然のことながら転職はリスクを伴うということを認識しておく必要があります。

ところで、30代、40代、50代の中高年は、転職したい理由は年代ごとに違ってくるはずです。

あくまでも傾向ですが、40代や50代は早期退職やリストラなどの理由や、職場から何らかの理由で戦力としてみなされなくなってしまい、立場的に厳しくて転職を考えるということが多いんじゃないでしょうか。

しかし30代が転職をしたい理由は、もっと前向きなことも多いはずです。

年収をアップしたい、やりがいがある仕事をしたいなど・・・。

30代はまだ若いですからどんどん理想に向かって動いていくことは大変良いことと思います。

でも、まだ若く未来ある30代だからこそ知っておきたい転職リスクというものがあります。

 

キャリアを失うリスク

40代や50代が転職をする場合のリスクは、年収ダウンや低いポジションへの配置によるモチベーション低下など、様々なリスクを考えなければいけません。

しかし、30代は年収やポジションなどは一時的に下がったとしても、がんばり次第で必ず取り返すことができるものです。

30代が転職をする際のリスクと言えるのは、これまでのキャリアを失ってしまうことです。

全く同業界・同業種に転職するならば話は別ですが、例えば営業が転職する場合、それまで流通業に対する営業をしてきたが、転職先で製造業への営業となるとき、これまで覚えてきた流通業の文化や知識が全く通用しなくなることがあります。

こうなると、30代ならば10年程度は培ってきたスキルがほとんど使えないし、評価されないということになります。

約10年かけて成長してきた自分を失うことになる。もう10年がんばれたら、20年のキャリアを積むことができ、更に大きな自分の財産となるかもしれないわけです。

これが30代にとって一番の転職リスクと思うべきです。

ただし、本当に自分がやりたいことを見つけたならば、キャリアを失うことは怖くないはずですよね。

このあたりを自分なりに見極めて転職活動を進めていきましょう。

 

まとめ

リスクを知って転職するのと、知らずに転職するのでは、大きな差があるはずです。

リスクを把握して転職すれば、その覚悟もあるはずですから、”こんなはずじゃなかった”というのも少なくなると思います。

どんな年代でも転職はリスクがつきものです。

40代、50代の転職は絶対に失敗は許されませんので、大きなリスクは回避すべきだと思います。

でも30代の場合は、御幣を恐れず言うと、失敗してもまたやり直せばいいと考えます。

たとえ失敗したって、まだ30代です。

いくらでもやり直すチャンスはあります。

とはいえ、なるべく失敗しないで転職を成功させるために、リスクを把握し、幅広い視野で将来を考えながら転職活動を行っていくことが大切です。

にゃんこ 先生
転職したい業界の特長を知ることや、年収をアップさせる交渉などは、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しお願いすることがベストだよ!

-30代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.