30代の転職 転職したいと思ったら

【30代の転職】TOEICが何点だと転職に有利なのか?

更新日:

中高年が転職を考えたときに持っていたら有利だと思える資格はいくつかありますが、年齢にかかわらず真っ先に思いつくのは「TOEIC」ですよね。

 あつし (38才)
やっぱりTOEICは勉強しておいたほうがいいかな?
30代でTOEICがハイスコアだと将来性豊かと評価されるよ!
にゃんこ 先生

 

30代はTOEICでグローバル化に対応していこう

時代の流れが英語ができる人を求めていますよね。

グローバル化って言葉をよく耳にしますが、自分が働いているような中小企業でも実感するようになってきました。

日本の企業は、モノづくりにおいて海外に生産工場を置くことが普通ですよね。

昔なら中国、韓国などの割と身近なアジア諸国に生産工場を置いてきましたけど、人件費などのコストも日本に近くなってしまって、現在は、ベトナムやミュンマーなど、どんどんディープなアジアへ進んでいってます。

さらに最近では、トヨタ自動車とマツダが共同で、アメリカに生産工場を作ることになりました。(2017年8月のニュース)

工場なのか、販売のためなのか、理由はともあれ、海外を視野に入れていかないと、企業は利益を確保しづらい時代になっています。

時代背景からも英語力を持っていると将来有望な人材として判断される可能性が確実に高くなっています。

英語ができれば、今現在はスキルや経験から即戦力ではなくても企業は確保しておきたい人材となりますし、30代はまだ育てていく年代と思われていますから、ライバルとの比較でも転職には非常に有利になると思います。

 

英語ができないと応募できない企業がある

パッと思いつく有名企業って、英語ができないと応募すらできない企業がたくさんあるんですよね。

楽天、コナミデジタルエンターテイメント、ジェイティービーなどなど・・・

TOEICの点数の差はあれど、まずは英語ができるのかでふるいにかけられてしまいます。

これらの企業はもれなく優良企業ですし、そして高収入が期待できます。

まさに、キャリアアップを目指して転職活動の目標とできる企業ばかりですよね。

自分のキャリアを更に高めて成長したいと思っている30代の方は、英語力を身に着けると近道かもしれませんよ。

 

TOEICは何点以上だと転職に有利なのか

ちなみに先ほど名前を挙げた企業はTOEICが何点以上あると採用候補者となりえるのかと言いますと、

  • 楽天 850点以上
  • コナミデジタルエンタテイメント 850点以上
  • ジェイティービー 750点以上
 あつし (38才)
そんなん俺の頭じゃ無理だし・・・

かなり高得点が必要ですね。。。

これら企業の例は具体的に採用の要綱に記載されているものです。

850点は難しくても、実際に何点ぐらいあれば30代の転職希望者にとって有利なのかというと、700点以上あるとライバルと差が付けられるんじゃないでしょうか。

TOEICが行った調査があります。

出典:http://www.iibc-global.org/

2013年で少し前の調査ですが、中途採用社員に期待するTOEICの点数は710点とあります。

TOEICの調査からも目指すスコアは、700点ということですね。

 

TOEICより英会話の方が大切?

自分もTOEICは受けたことがあります。

にゃんこ 先生
たしか500点だっけ?(笑)

だから履歴書には書いたことがありませんよ。(恥ずかしいし)

他の記事でも書きましたが、以前、外資系企業を紹介してくれる転職エージェントのキャリアアドバイザーにTOEICについて聞いたことがありました。

そのキャリアアドバイザーは、TOEICのスコアよりも英会話ができるほうが評価されるし、実際に仕事についてから大切とのことでした。

TOEICはリーディングとリスニングで構成されていますから、実際に英会話を上手くさせるテストではありません。

目指す企業が本当に英語を必要としている企業なら、お客様との打ち合わせや海外の工場とのやりとりなども全て英語で話をする可能性があります。

TOEICの勉強と並行して英会話の勉強も進めることがベストですが、時間も限られていることですし大変です。

30代なら先は長いと考え、まずは転職活動で有利となるようTOEICで高得点を目指しましょう。TOEICで高得点を達成したら、実務で必要な英会話を勉強しても遅くないと思います。

 

まとめ

TOEICは履歴書の上では、ひとつの目安として点数が高ければ評価されます。

目標とする転職したい企業が、TOEICの点数について採用の要綱で発表していれば、是非ともがんばって勉強してみたらいかがでしょうか。

目標の企業が万が一、不採用だったとしても、転職にすごく有利な資格を身に着けたわけですから、他の企業への転職に有利になります。

30代はまだ成長過程にある採用候補者であり、その人物が英語ができるということになれば、他の転職希望者に比べ非常に大きなアドバンテージとなると思います。

-30代の転職, 転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.