転職したいと思ったら

転職に有利な時期はここです

更新日:

中高年の転職だけのお話しではないですが、転職活動をするのに向いている時期、向いていない時期ってあるものです。

現在、自分は派遣社員さんや契約社員さんと、面接から契約まで業務として対応することが多いんですが、彼らの意識としてやはり3月までに次の仕事を見つけたいと常に考えておられるようです。

 あつし (38才)
どうして3月なの?

当たり前のことですが、日本の企業は3月決算が多いです。単純に考えると、4月から新しい組織で動いていくには3月までに体制を作る必要がありますよね。だから、3月までの求人が実際に増えるわけです。

時期によって求人数は変化するので、企業の採用スケジュールは意識しておいたほうがいいよ。
にゃんこ 先生

企業は、毎年だいたい同じスケジュールで動いていきます。

採用における企業のおおよその流れを理解しておきましょう。

 

転職活動はどの時期が一番有利か

時期によって企業が採用活動を活発化させるときと、停滞するときはあるものです。

季節ごとにおおよそのスケジュールを作成してみました。

月ごとの採用活動スケジュール表

企業の採用活動と意識活性度
1〜3月採用意欲が最も高い
新年度へ向けた採用活動が活性化する時期。また、外資系企業は12月決算が多いため、12月退職者を補充する採用活動が増えてくる。
4〜6月採用意欲が下がる
新年度のスタートとGWをはさむため、企業の採用意欲はどうしても下がる時期。しかし、3月末退職者の採用活動は引き続き行っている。
7〜9月採用活動が停滞する
夏季休暇をはさむため、採用活動は停滞し選考作業も進まないことが多い。しかし、ボーナス支給後の退職者の補充活動はある。
10〜12月採用意欲が高まってくる
12月は師走ということもあり採用活動はすすまないが、10,11月は新年度へ向けた採用計画も完成し、採用活動も徐々に活性化してくる。

企業は3月が年度末という場合が多いですので、こういった感じの採用活動スケジュールになると思います。

 あつし (38才)
1〜3月以外だと少なくなるんだな・・・
だからこそ、転職エージェントを活用するんだよ。
にゃんこ 先生

1〜3月以外は求人が少なくなるのかもしれませんが、だからこそ、自分では検索できない検索や、転職エージェントがもっている求人情報を有効に入手することが重要なんです。

 

まとめ

3月が年度末じゃない企業はたくさんありますし、上記の表はあくまでも一般的な目安として考えてくださいね。

ちなみに自分は2回転職していますが、2回とも転職活動していたのは4月〜9月くらいの間でしたよ。

だから、転職エージェントや転職サイトをしっかり活用すれば大丈夫ですよ!がんばりましょう!

-転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.