転職したいと思ったら

30代 40代でベンチャー企業への転職が「成功する人」と「メリット&リスク」

更新日:

30代後半や40代となってくると、ずっと同じ会社で働いている場合、自分はどのポジションまでいけるかな?とか、年収はいくらぐらいまで貰えそうかなど、先が見えてくることと思います。

 まさ  (47才)
このまま働いてても課長どまりだな・・・

考え方は人それぞれですから、安定して働けるだけでも十分なのかもしれません。

でも、もっと年収をアップさせたいとか、やりがいある仕事がしたいなど、キャリアアップを目指すなら転職を考えざるを得ないかもしれませんね。

そんな場合、ベンチャー企業への転職を考えてみるのも一つの手段かもしれません。

 

ベンチャー企業への転職で成功する人

前向きで積極的な人

ベンチャー企業へ転職して成功する人は、まず何事も前向きに捉えることができる人です。

 まさ  (47才)
どこの会社で働いたってそうでしょ?
そうだけど、ベンチャー企業ではより強いポジティブさが必要だよ。
にゃんこ 先生

今では大企業だけでなく、一般の中小企業でもワークバランスとか福利厚生など、従業員の働きやすさを考えていかないといけない時代です。

社内申請業務が電子化されて効率化されたり、家族の介護などの様々な状況に対応できる休暇制度の整備など、休みもしっかりとれて、労働者が便利で快適に仕事ができるようになってきています。

しかし、ベンチャー企業はそんなものは一切ない可能性があります。

普通の企業にあって当たり前のことが全くないことにも、前向きに捉えて努力していける精神力が大切です。

無いのなら、自分がしっかりと整備していこうと積極的な気持ちになれなくてはいけません。

受け身な性格の方ではベンチャー企業では成功できないと思います。

ずっと、大企業で働いてきた方は少し面食らうかもしれませんが、ベンチャー企業へ転職を希望するなら自分が本来どういう性格かをしっかりと見つめなおしてみることが大切ですね。

 

仕事が好きな人

30代後半からの中高年がベンチャー企業で働くということは、ある意味、自分も経営者の一人として考えていく必要があります。

雇われている従業員という意識では難しいでしょう。

 まさ  (47才)
18時には帰りたいんですけど
そんな気持ちじゃつとまらないよ・・・
にゃんこ 先生

経営者ならば、会社のために全身全霊をかける必要があります。

休日とか関係ありません。

自分の趣味は仕事っていうぐらい、仕事が好きで熱中できる感覚が無いとベンチャー企業で成功するのは難しいと思います。

 

ベンチャー企業へ転職するメリット

大手企業からすると想像もしない文化の違いに負けない心構えが必要なわけですが、メリットもたくさんあると思います。

  • 高い収入が期待できる(成功すれば)
  • 裁量の大きな仕事ができる
  • 経営層になれる

まだまだあると思いますが、ざっくりといえば上記の3つじゃないでしょうか。

厳しい道のりかもしれませんが、成功すれば報酬は大きなものなる可能性があります。また、個人にまかされる仕事の範囲が広くなりますから、与えられる裁量も大きくなり、仕事がやりがいのあるものになるでしょう。

成功すれば、経営層の一員として活躍でき収入もアップする可能性がありますし、頑張り次第でメリットは大きくなりますね。

 

ベンチャー企業へ転職するリスク

その反対で失敗などのリスクも大きくなります。

まさにハイリスクハイリターンかもしれません。

  • 経営に失敗し倒産の可能性
  • 経営者についていけない
  • 忙しいわりに給料が少ない

リスクについては大きくこの3つだと思います。

どうしても創業者である経営者の能力次第という部分があるのが一番のリスクですね。

その能力次第によるところのため、悪ければ常に倒産の可能性がでてきます。

また、経営者はどの世界でもワンマンなものですよね。

中高年の場合は同年代か年下の経営者に仕えていく場合も多く、年下からひどく叱責されることも出てくるかもしれません。

そして、やはり何から何までやらなければなりませんから、多忙に尽きるという事態になることは容易に想像できますし、会社が上昇気流に乗るまでは、給料も下がるリスクは考慮しておきましょう。

 

ベンチャー企業へ転職を目指すなら、この3つの転職エージェントがおすすめ

ハイリスクがあったとしても、やりがいや高収入を期待してベンチャー企業へ転職を考えるならば、転職エージェントに相談することが一番ベストです。

転職サイトには、ベンチャー企業の求人はあまり掲載されていないと思います。

おそらく、ベンチャー企業は経験豊かな中高年を求めている場合が多いと思います。

入社後すぐに経営者である社長の右腕となって働いてもらうというピンポイントな求人のはずですから、転職エージェントが非公開求人として持っていることと思います。

中高年が転職を考えたら転職エージェントに登録はしていると思いますが、キャリアアドバイザーにベンチャー企業への転職を直接相談しましょう。

ベンチャー企業の求人を持っている可能性の高い転職エージェントは、やはり優秀なキャリアアドバイザーが豊富にいる転職エージェントが良いでしょう。

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • JACリクルートメント

やはり以上の3つの転職エージェントがおすすめです。きっと、思わぬベンチャー企業の求人を紹介してくれますよ。

 

まとめ

ベンチャー企業に向いている人や、メリット・リスクなどを書きましたが、一番大切なことは、その仕事にやりがいを感じ、給料が多少少なくなったとしても、人生をかけてもいいと思えるかどうかでしょう。

安易な気持ちでベンチャー企業に転職するのだけはやめたほうがいいと思います。

-転職したいと思ったら

Copyright© 転職バンザイ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.