女性の転職

30代女性の転職はマイナスを知っているから成功できる

投稿日:

30代の女性が転職したいと思ったら、男性に比べて考えておくべきことが多くなります。

男性ならば「やりがい」と「給与」だけとは言いませんが、それらと自分を中心に考えていけばいいわけですから。

女性は夫や子供の世話など、自分中心では世界が回っていかない事情がたくさんありますよね。

そんな男性以上にがんばる女性が、転職をどうすすめていくべきか考えてみましょう。

 

30代女性が転職を考えたら人生設計から考える

自分は採用の仕事も多くやっていますので、女性の応募者の面談を頻繁に行っています。

履歴書を拝見すると、30代以降の方のほとんどが、新卒で企業に入社後、数年で退職されています。

ご承知の通り、結婚のタイミングで退職されるわけです。
そして、出産があり、数年は子育てに専念されますので、30代半ばから改めて働きだそうという経歴の方が大半です。

その時、ご自身の今後の生活設計を鑑みて再就職先を検討する必要があると思います。

ご主人の仕事が安定しているならば、派遣やパートでも十分かもしれません。
また、ご主人が転勤が多いお仕事ならば、短期のお仕事しか選べないのかもしれませんので、正社員は選択肢からなくなるかと思います。

あるいは、シングルマザーさんならば、なるべく高収入で、且つ、残業が無いお仕事などを選ぶ必要がありますよね。

男性の私が言うまでもありませんが、女性はその都度、立場が変わってくるものです。

なるべく今後の人生設計を組み立てながら、再就職先を見つける努力が必要ですね。

30代女性が正社員を目指すなら

もしもあなたが、結婚や出産時に退職して、その後は空白期間があるとすると、正社員を目指すのはかなり苦労するかもしれません。

採用側からすると、相当なキャリアや実力が無いと、空白期間が長い女性を登用するのは少なくなると思います。

でも、人生設計において、どうしても正社員になっておきたい理由がある方も多くいらっしゃいます。

そんな方は、転職エージェントに協力を得たほうが確実に正社員になることができます。

例えば女性向けの転職エージェント「女の転職 @type」です。

一般の転職エージェントサービスと同様に、求人を検索や紹介してもらえることは当然ですが、「残業の有無」や「産育休活用例の有無」など、女性ならではの観点から多くの求人を紹介してもらえます。

人生設計の方向性が見えたら、早めにプロの転職エージェントと二人三脚で再就職活動を進めたほうが間違いないと思います。

【登録はこちら】 女の転職@type

 

30代女性が転職面接でマイナスとなること

採用側の立場から、30代の女性と面談させていただく際、どんなことに気を付けてお話をお聞きしているかをお伝えしたいと思います。

これらがクリアできないと、残念ながら評価はマイナスとなる可能性が出てきます。

長期に勤務できるか

採用側の立場からすると、女性応募者との面接で一番気になることは、「長く勤務してくれるか」という点です。

未婚の方ならば、これから結婚が控えているわけですので、かなり不安になってしまいます。
一方、既婚者の方もこれから出産の可能性を考えてしまい、採用を躊躇してしまいがちです。

面接で採用担当者に結婚や出産で辞める可能性があることを少しでも感じさせたらマイナスとなることを理解しておきましょう。

休みと多くとらないか

一方、出産も終わり、お子さんが小学生ぐらいまでの女性も、お子さんの急な病気や学校行事などで急な休みが多くならないか心配になります。

採用担当者に、休みを取るのはあくまでも年に数回の計画休暇であり、突発的な休みは無い(ホントはあるんでしょうが)ということを伝えましょう。

身近に自分の身内がいるので、子供の世話は代わりにやれることをアピールできるといいですね。

女性が転職面接でマイナスとなる可能性が高いのは、「短期で辞めてしまうこと」と「休暇を多くとる」の2点と心得て、面接に挑むようにしましょう。

 

30代女性が転職面接でアピールしたいこと

にゃんこ 先生
じゃあ、女性は何をアピールすると良いか考えてみようね!

結婚も子育ても女性にはつきものです。

採用担当の男性もそれは承知の上です。

じゃあ、女性の応募者からどんなアピールがあると、安心し採用へ気持ちが動いていくかをお伝えいたします。

 

女性だからできること

事務職ではなく、男性も応募するような仕事ならば、あなたが女性であるということが強みとならないか考えてみましょう。

例えば、ヘルプデスクなどのお仕事ならば、男性に比べて電話口などで、より優しく親切に対応することが女性には期待されているはずです。

接客などのお仕事ならばなおさらですね。

その強みを面接でうまく表現してアピールするようにしましょう。

長期勤務可能を伝える

本当は長期で働けないのにウソをつくことはルール違反ですが、現時点では本当に長く勤務したいと思っていたら、はっきりと「長く働きたいと思っています」と伝えてみましょう。

企業の採用担当者は、「結婚の予定はありませんか?」とか、ましては「出産は?」なんて突っ込んだ質問は、このご時世では女性に聞くことができません。

本当は長く勤めることができるのかをはっきりと確認したいのですが、その「触れてはいけない部分」があるため、応募者の言うことを信じるしかない部分があるんです。

ですから、根拠はなくともはっきりと自信を持って「長く勤務したい」気持ちをアピールするようにしましょう。

 

まとめ

30代女性が転職や再就職をするならば、企業にマイナスとなることをうまくオブラートに包んで転職活動を進めましょう。

また、女性ならではの悩みの相談をしながら転職活動をサポートしてくれる、女性向けの転職エージェントを最大限に活かすことが、転職や再就職を成功させるポイントだと思います。

-女性の転職

Copyright© 転職バンザイ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.